バス高速輸送システム(BRT)市場、2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バス高速輸送システム(BRT)市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長すると予想されています。

バス高速輸送システム(BRT)とは、効率的で費用対効果が高く、柔軟な都市モビリティサービスを提供する洗練された輸送ソリューションを指します。BRTは、スマート公共交通システム、運賃収集システム、ターミナル、自動化レーン、公共情報システム、跨線橋、歩行者用地下鉄、交差信号、手すり、駅などで構成されています。BRTの利用は、自動車、歩行者、自転車のための安全で広い通路を提供することで、都市の総合的な開発を重視しています。また、子供や高齢者、視覚障害者、車椅子の方にも使いやすい道路標示やサインを提供します。

市場の成長要因

世界各地、特に発展途上国における急速な都市化は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、世界的な人口増加に伴い、交通機関の整備に対する需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。BRTシステムは、交通渋滞を解消し、事故や怪我、死亡のリスクを低減することで、交通安全の向上に役立ちます。また、環境への影響を最小限に抑えた持続可能で効率的な高速輸送システムの導入を促進する政府の政策も、市場の成長に貢献しています。BRTシステムのベンダーは、必要なエネルギーが最小限で、温室効果ガス(GHG)の排出量がごくわずかな革新的なバッテリー駆動バスを開発しています。また、バイオディーゼル、圧縮天然ガス(CNG)、液化石油ガス(LPG)など、よりクリーンな燃料で効率的に走行できるバスを製造しています。その他にも、世界各地でのインフラ整備や高度な通信技術の活用などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のバス高速輸送システム(BRT)市場は、バスタイプ、システムタイプ、燃料タイプに基づいて分類されています。

バスタイプ別の市場構成

・スタンダード

・アーティキュレート

・その他

システムタイプ別の市場構成

・オープンBRTシステム

・クローズドBRTシステム

・ハイブリッドBRTシステム

燃料タイプの別の市場構成

・ディーゼル

・天然ガス

・その他

市場の競合状況

世界のバス高速輸送システム(BRT)市場における主要な企業としては、AB Volvo、Ashok Leyland (Hinduja Group)、BYD Company Limited、Cubic Corporation、Daimler AG、MAN SE (Volkswagen AG)、Marcopolo S.A.、Tata Motors Limited (Tata Group)、Xiamen King Long Motor Group Co. Ltd.、鄭州裕通客車有限公司(Zhengzhou Yutong Bus Co. Ltd.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]