農業用酵素市場、2021年から2026年まで約10%のCAGRで成長見込み

市場の概要

農業用酵素市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。市場は2021年から2026年の間に約10%のCAGRで成長すると予想されています。

農業用酵素は、土壌中に存在する栄養素のブロックを解除するための化学反応を促進する生物学的触媒です。これらの酵素は、農薬や除草剤、化学肥料で処理された土壌を無害化することで、植物の収穫量と品質を向上させます。また、酸性とアルカリ性の両方の土壌を中和するため、農業用酵素は、繊維のバイオプロセス、酵素を用いたサイレージの発酵、作物や作物残渣の処理、さまざまな動物飼料の生産などに幅広く利用されています。

殺虫剤の有害な影響に対する個人の意識が高まっていることから、有機食品の需要が増加していることは、世界中で天然由来の農薬の成長を促進する重要な要因の一つです。また、食品や環境の安全性に対する関心の高まりから、厳しい規制が実施されるようになりました。これらの規制により、農家は化学薬品の代わりにバイオベースの化学薬品を採用するようになっています。これは、農業用酵素の売上にプラスの影響を与えています。さらに、大手企業は、微生物を使って酵素を生産するための技術開発に注力しています。農業用酵素の製造に使用される微生物は、砂糖、デンプン、大豆、トウモロコシなどの栄養分を含む密閉されたスチールタンクの中で成長します。また、これらの企業の中には、酵素をより効率的に生産するために遺伝子工学技術を利用しているところもあります。さらに、世界人口の増加と可処分所得の増加が、今後数年間の市場成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の農業用酵素市場は、酵素タイプ別、製品タイプ別、作物の種類別、地域別に分類されています。

酵素タイプ別の市場構成

・ホスファターゼ

・デヒドロゲナーゼ

・スルファターゼ

・プロテアーゼ

・その他

製品タイプ別の市場構成

・土壌肥沃化製品

・コントロール製品

・成長促進製品

作物の種類別の市場構成

・穀類・穀物

・油糧種子および豆類

・果実・野菜類

・芝生・観葉植物

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

農業用酵素市場における主要な企業としては、AB Enzymes GmbH (Associated British Foods Plc), Agrinos Inc. (Agrinos AS)、Aries Agro Ltd.、BASF SE、Bayer Aktiengesellschaft、Bioworks Inc.、Deepak Fertilisers and Petrochemicals Corporation Limited、Dupont De Nemours Inc.、Stoller Group Inc.、Syngenta AG (China National Chemical Corporation Limited)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]