薬用化粧品市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

薬用化粧品市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

薬用化粧品とは、皮膚の質を改善するための生物学的活性成分を豊富に含んだ外用化粧品および医薬品を指します。また、ダメージを受けた皮膚細胞の修復にも高い効果を発揮します。一般的に使用される薬用化粧品には、リップケア、ヘアケア、スキンケア、歯のホワイトニング製品、注射剤、軟膏などがあります。これらの製品には、抗酸化物質、レチノール、ビタミンB、C、E、α-リポ酸、ヒアルロン酸、ポリフェノールなどが豊富に含まれており、皮膚の浄化、美容、細胞の補充を助けます。また、これらの製品は、大気汚染、太陽光線や紫外線(UV)から肌を守り、老化の兆候を回復させます。

市場の動向

色素沈着、セルライトの発生、ニキビ、毛穴の炎症など、皮膚関連の合併症の増加は、薬用化粧品市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、健康志向の高まりや、傷の治癒や長時間の日焼けによる肌のダメージを修復するための局所的なスキンケア製品に対する消費者の嗜好が、市場の成長を後押ししています。一般消費者の間では、若々しい外見を維持したいという願望が高まっており、その結果、優れた品質のエッセンシャルオイルやエキスを配合した化粧品が広く普及するようになりました。このことが、市場の見通しを明るくしています。

また、オーガニックや天然素材を使った化粧品の開発など、さまざまな製品イノベーションも成長を促す要因となっています。メーカーは、より高い効果と長期的な効果を持つ生物活性成分を使用したモイスチャライザー、日焼け止め、シワやニキビを減らす製品、ネイルケア製品などを開発しています。その他の要因としては、消費者の支出能力の向上や、分子レベルでの皮膚治療用ナノ粒子を開発するための広範な研究開発(R&D)などが、市場をさらに牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界の薬用化粧品市場は、製品タイプ、成分タイプ、流通チャネルに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の薬用化粧品市場における主要な企業としては、Amway (Alticor), Avon Products Inc. (ナチュラ&カンパニー)、Beiersdorf AG(マキシングベストAG)、Croda International Plc.、Estée Lauder Inc. (The Estee Lauder Companies Inc.)、Johnson & Johnson、L’Oréal S.A.、Procter & Gamble、Shiseido Company Limited、Unileverなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]