ガスコンプレッサー市場、2021年から2026年にかけてCAGR 7.5%で成長見込み

市場の概要

ガスコンプレッサーの世界市場は、2021年から2026年にかけてCAGR 7.5%で成長すると予測されています。

ガスコンプレッサーとは、気体の体積を減少させることにより、気体の静圧を増加させる機械的な装置のことです。一般的に使用されているガスコンプレッサーには、陽圧式とダイナミック式のものがあります。陽圧式コンプレッサーには、レシプロ式とロータリー式があり、気体を閉じた空間に閉じ込めることで圧縮し、圧力を高めます。一方、ダイナミック式コンプレッサーは、軸式と遠心式のコンプレッサーで構成され、回転する羽根やインペラーの機械的作用によってガスを圧縮します。これらのコンプレッサーは、エチレン、フッ素、アルゴン、水素、窒素、キセノン、シランなどのガスによく使用されます。そのため、一般製造業、建設業、石油・ガス、鉱業、化学・石油化学、発電など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界の石油・ガス産業の著しい成長は、ガスコンプレッサー市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。また、天然ガスなどの再生可能エネルギー資源の処理や長距離輸送にガスコンプレッサーが広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。これに伴い、病院での外科手術の際や、空気の質を維持し、汚染や感染症を防ぐための空気ろ過ダクトシステムにも使用されています。さらに、産業プラントの自動化に向けたエネルギー効率の高いポータブルコンプレッサーの開発など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長要因となっています。製品メーカーは、貯蔵タンクを改良し、性能を向上させ、メンテナンスの必要性や燃料消費量を最小限に抑えたモデルを開発しており、これが市場の成長を後押ししています。その他、急速な工業化や広範な研究開発(R&D)活動などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界のガスコンプレッサー市場は、コンプレッサータイプと最終使用産業に基づいて分類されています。

コンプレッサータイプ別の市場区分

・ポジティブ・ディスプレイスメント・コンプレッサー

・ダイナミックコンプレッサー

最終使用産業別の市場区分

・一般製造業

・建設業

・石油・ガス

・鉱業

・化学・石油化学製品

・電力会社

・その他

市場の競合状況

ガスコンプレッサーの世界市場における主要な企業としては、アリエル・コーポレーション、アトラスコプコAB、バウアー・コンプレス・インク、ブルクハルト・コンプレッション・ホールディングAG、エクステラン・コーポレーション、ガードナー・デンバー・インク、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー、日立製作所、コベルコ、シーメンスAGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]