顔用注射剤市場、2021年から2026年の間に約11%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の顔用注射剤市場は、2021年から2026年の間に約11%のCAGRで成長すると予想されています。

顔用注射剤は、顔の特定の部位に投与することで、皮膚の物理的外観を向上させます。これらの注射剤は、一般的にコラーゲン、ヒアルロン酸、ヒドロキシルアパタイトカルシウムを使用しており、皮膚の弾力性を回復するのに役立ちます。シワを減らしたり、唇を厚くしたり、浅い輪郭を強調したり、陥没した傷跡を盛り上げたりするのに使われます。現在、安全で費用対効果が高く、ダウンタイムが少ないことから、世界中で人気を集めています。

市場の動向

加齢に伴い、コラーゲンの生成や皮下脂肪の形成が低下すると、皮膚はシワやたるみの影響を受けやすくなります。このことは、高齢者人口の増加や、若くて健康的な肌を保ちたいという願望と相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、低侵襲手術への需要の高まりや、医療・美容ツーリズムの増加も、市場の成長に貢献しています。さらに、過度の日焼けは皮膚の組織破壊につながるため、外出する人たちの間で顔面注射剤の需要が高まっています。これらに加えて、可処分所得の増加、ソーシャルメディアの影響力の高まり、オーガニックや生分解性の素材に対するプロの施術者や個人の需要増加なども、市場にプラスの影響を与えています。さらに、主要プレイヤーは、ユーザーにパーソナライズされた体験を提供するために、カスタマイズされた顔用注射剤を提供しており、これが今後数年間の市場の見通しを良くすると予想されています。

主要な市場区分

世界の顔用注射剤市場は、製品タイプ別、アプリケーションタイプ別、用途別、エンドユーザー別に分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・コラーゲン

・ヒアルロン酸(HA)

・A型ボツリヌス毒素

・ヒドロキシルアパタイトカルシウム(CaHA)

・ポリメチルメタクリレートビーズ(PMMAマイクロスフィア)

・ポリ-L-乳酸(PLLA)

・その他

アプリケーションタイプ別の市場区分

・エステティック

・セラピューティック

用途別の市場区分

・フェイスライン補正

・唇のボリュームアップ

・フェイスリフト

・にきび跡治療

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・皮膚科医院

・その他

市場の競合状況

世界の顔用注射剤市場における主要な企業としては、Allergan Plc、Anika Therapeutics Inc、Bloomage BioTechnology、Johnson & Johnson、Galderma Pharma S.A.、Integra LifeSciences、Ipsen (Mayroy SA)、Meditox Inc、Merz Holding GmbH & Co. KG、Prollenium Medical Technologies Inc.、Sanofi、SciVision Biotech Inc.、Sinclair Pharma (Huadong Medicine Co. Ltd.)、Suneva Medical Inc.、Bausch Health Companies Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]