コーンビームイメージング市場、2021年から2026年の間、約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

コーンビームイメージング市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間、約6%のCAGRで成長すると予想されています。

コーンビームイメージングとは、顎顔面および歯科手術に使用されるコンピュータ断層撮影技術のことです。顎顔面領域の骨、神経、軟部組織、歯科構造の3次元画像を生成します。この画像処理装置には、360度回転するアームに取り付けられた円錐形のデジタルX線スキャナーが含まれており、1回のスキャンで複数の角度から画像を得ることができます。従来の技術と比較して、コーンビーム法は非侵襲的で、少ない放射線量で、高品質の3D画像を得ることができます。その結果、歯科インプラントの計画、異常歯の視覚化、顔や顎の変形の評価、口蓋裂の評価、虫歯の診断など、様々な臨床用途に幅広く利用されています。

市場の成長要因

世界的な高齢化社会の到来に伴い、口腔内トラブルが増加していることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、審美歯科に対する消費者の関心が高まっていることも、市場の見通しを明るくしています。また、医療機関では、気道の病理学や麻酔学の研究にコーンビームイメージングを使用しています。さらに、画像誘導手術を行うためのフラットパネルディテクタの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。イメージングデバイスメーカーは、X線管、モバイルCアームプラットフォーム、デジタルディスプレイなどを統合し、オペレーターの利便性を高めた新しいタイプの製品を製造しています。その他の要因としては、個人の医療費が増加していることや、特に発展途上国における医療インフラの大幅な改善などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のコーンビームイメージング市場は、アプリケーション、患者の体位、検出器タイプ、エンドユーザーに基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場構成

・インプラント

・歯列矯正

・口腔外科

・歯内療法

・歯周病学

・矯正歯科

・耳鼻咽喉科

・その他

患者の体位別の市場構成

・立位

・座位

・仰臥位

検出器タイプ別の市場構成

・フラットパネルイメージディテクタ

・イメージインテンシファイア型検出器

エンドユーザー別の市場構成

・病院・診療所

・診断センター

・その他

市場の競合状況

世界のコーンビームイメージング市場における主要な企業としては、Asahi RoEntgen Ind. Co. Ltd.、Carestream Health Inc.、Cefla S.C.、Curve Beam LLC、Danaher Corporation、Dentsply Sirona、J. Morita Mfg.Corp.、Planmeca Group、Prexion Corporation、Vatech Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]