心臓再同期療法(CRT)市場、2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

心臓再同期療法(CRT)市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長すると予想されています。

心臓再同期療法(CRT)または両心室ペーシングとは、心臓の右心室と左心室の同期した鼓動を矯正または促進するための治療法を指します。この治療法は、心臓の機能を改善し、血流を増加させ、患者の早期回復を促進します。この治療法では、パルスを発生させるために除細動器を使用し、心臓下部の心室に電気インパルスを送るために細い絶縁ワイヤまたはリード線を使用します。除細動器は外科的に埋め込まれ、心臓を定期的にモニタリングするために外部のコンピュータに接続されます。左心室と右心室に小さな電気信号を送り、同時に収縮をサポートします。

市場の成長要因

世界的な心血管疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、不整脈、先天性心疾患、心房細動などの病気にかかりやすい高齢者が増えていることも、市場の成長を後押ししています。また、健康志向の高まりや、心臓関連疾患の治療法に関する意識の向上も、市場の成長に寄与しています。また、MRIに対応したワイヤレスCRT装置の開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促進する要因となっています。これらの新しいシステムは、心臓の健全な活動を促進するためのCRTプログラミングとマルチポイントペーシングの最適化に役立ちます。その他の要因としては、個人の医療費支出が増加していることや、特に発展途上国における医療インフラの整備などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の心臓再同期療法(CRT)市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・CRT-除細動器

・CRT-ペースメーカー

アプリケーション別の市場構成

・心室内同期不全

・心室(V-V)同期不能症

・房室(A-V)同期障害

エンドユーザー別の市場構成

・病院

・心臓病センター

・外来手術センター

・その他

市場の競合状況

世界の心臓再同期療法(CRT)市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Biotronik SE & Co. KG、Boston Scientific Corporation、LivaNova Plc、Medico S.p.A.、Medtronic Plc、Merit Medical Systems Inc.、MicroPort Scientific Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]