アンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェア市場、2021年から2026年まで約14%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のアンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェア市場は、2021年から2026年にかけて約14%のCAGRで成長すると予測されています。

アンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェアとは、銀行やその他の金融機関が顧客データを分析し、疑わしい取引を特定するためのソフトウェアアプリケーションを指します。これには、取引の監視、顧客のアイデンティティ認証、コンプライアンス管理が含まれます。AMLソフトウェアを搭載したシステムは、情報をフィルタリングし、リアルタイムに警告を発することで、組織のセキュリティと業務効率を向上させます。また、市場操作、違法商品の取引、公的資金を使った不正行為、脱税なども対象となります。このような利点から、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、情報技術、防衛、小売など、さまざまな業界で利用されています。

市場の成長要因

世界的にマネーロンダリングや巧妙なサイバー攻撃が増加していることが、この市場の主な成長要因です。サイバー犯罪者は、組織のインフラに潜在する脆弱性を探り、不正行為やランサムウェア攻撃を行いますが、AMLソフトウェアを搭載したシステムによって効果的に対抗することができます。さらに、モノのインターネット(IoT)、機械学習(ML)、ビッグデータ分析ツール、クラウドベースのソリューションを統合したセキュリティソリューションの導入も、アンチマネーロンダリングソフトウェア市場の成長を後押ししています。組織は、財務データを追跡し、リスクや不確実性を予測するために、コンプライアンス機能を向上させた先進技術を採用しています。

また、KYC(Know Your Customer)技術の登場も市場の成長を後押ししています。KYCとは、ユーザーの身元を認証し、不正なアクセスを遮断し、違法な取引による損失を防ぐことを意味します。その他の要因としては、犯罪行為を定期的に監視・制御するための有利な政府政策の実施や、情報技術(IT)分野の著しい発展などが、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界のアンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェア市場は、コンポーネント、導入形態、アプリケーション、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場構成

・オンプレミス

・クラウドベース

アプリケーション別の市場構成

・トランザクションモニタリング

・通貨取引レポート

・顧客ID管理

・コンプライアンス管理

・その他

最終使用産業別の市場構成

・BFSI

・防衛

・ヘルスケア

・IT・通信

・小売

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のアンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェア市場における主要な企業としては、ACI Worldwide Inc.、AML Partners LLC、BAE Systems Plc、CaseWare RCM Inc. (CaseWare International Inc.)、Experian Plc、Fair Isaac Corporation、Fidelity National Information Services Inc.、Fiserv Inc.、Oracle Corporation、SAS Institute Inc.、Tata Consultancy Services Limited (Tata Sons Private Limited)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]