ウイルス対策ソフトウェアパッケージ市場、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ウイルス対策ソフトウェアパッケージ市場は、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長すると予測されています。

ウイルス対策ソフトウェアは、マルウェアやサイバー犯罪からコンピュータを保護するプログラムです。ウイルス対策ソフトウェアは、悪意のあるブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)、ブラウザハイジャッカー、ランサムウェア、キーロガー、バックドア、ルートキット、トロイの木馬、ワーム、悪意のあるレイヤードサービスプロバイダ(LSP)、詐欺ツール、アドウェア、スパイウェアなどからコンピュータを保護します。現在、複数の企業が、スキャンの高速化、容量の削減、強固な脅威ライブラリの維持、マルウェア定義のクラウドへの保存などを実現するウイルス対策ソフトウェアパッケージを提供しています。

市場の成長要因

デジタル取引を行う際のスマートフォンへの依存度が高まっていることで、サイバー脅威のリスクが高まっています。このことは、データやセキュリティの侵害から保護するためのウイルス対策ソフトウェアパッケージの需要を増大させる主な要因の一つとなっています。また、オンラインバンキングアプリケーションの利用が拡大していることから、銀行・金融サービス・保険(BFSI)分野では、不正行為を防止し、安全な支払いを実現するために、ウイルス対策ソフトウェアパッケージの導入が進んでいます。さらに、クラウドベースのウイルス対策ソフトウェアパッケージは、便利で費用対効果が高いことから、中小企業での利用が進んでいます。さらに、主要プレイヤーは、リアルタイムのマルウェアスキャン機能を備えたウイルス対策ソフトウェアパッケージを提供しています。また、悪意のあるURL(Uniform Resource Locator)、詐欺やフィッシング攻撃、ソーシャルエンジニアリング技術、APT(Advanced Persistent Threat)やボットネットによるDDoS(Distributed Denial of Service)攻撃などに対する保護機能も提供しています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の発生とそれに伴う政府機関の閉鎖により、インターネットの利用が拡大し、電子商取引が活発化していることも、市場にプラスの影響を与えています。

主要な市場区分

世界のウイルス対策ソフトウェアパッケージ市場は、デバイス、オペレーティングシステム、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のウイルス対策ソフトウェアパッケージ市場における主要な企業としては、Adaware (Avaquest Group), AhnLab Inc., Avast Software s.r.o., AVG Technologies CZ, Avira Operations GmbH & Co. KG、Bitdefender SRL、BullGuard Limited、F-Secure Oyj、Kaspersky Labs GmbH(Kaspersky Lab Limited)、McAfee LLC(TPG Capital and Intel)、Microsoft Corporation、Qihoo 360 Technology Co. Ltd.、Quick Heal Technologies Ltd.、Symantec Corporation(Broadcom Inc.)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]