クラウドシステムマネジメント市場、2021年から2026年にかけて力強く成長見込み

市場の概要

クラウドシステムマネジメント市場は、2015年から2020年にかけて約18%のCAGRで成長しました。今後、市場は2021年から2026年の間、力強い成長を続けると予想されています。

クラウドシステムマネジメントとは、クラウドインフラストラクチャのセットアップ、設定、モニタリング、最適化に使用されるウェブベースのソリューションを指します。クラウドシステムマネジメントは、データベースとサーバーで構成される仮想マシン(VM)として、既存のクラウド環境に導入されます。サーバーは、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)と通信し、データベースとクラウド上の仮想リソースを接続します。コンポーネントのパフォーマンス監視、セキュリティ、コンプライアンス、ディザスターリカバリー、有事の際のソリューションなどが含まれます。また、サードパーティのクラウドデータホスティングベンダーによって、組織のデータをオフサイトサーバーに保存するためにも活用されます。その結果、クラウドシステムマネジメントソリューションは、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、通信、情報技術(IT)、ヘルスケアなど、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の成長要因

世界的な情報技術(IT)産業の著しい成長は、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。さらに、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの導入が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。クラウドシステムマネジメントソリューションは、多様な事業を展開する企業の複雑なマルチクラウド戦略を効率的に管理することができます。さらに、コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの発生により、リモートワークモデルを採用する組織が増えており、そのことがこれらのシステムの需要を促進しています。また、人工知能(AI)をベースにしたクラウドマネジメントツールの開発など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。AIを活用したクラウドマネジメントソリューションは、組織的な機能を自動化し、インシデントチケッティングや知識の再利用を促進し、セキュリティを強化します。また、SaaS(Software-as-a-Service)ベースの提供モデルへの関心の高まりや、広範な研究開発活動なども、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界のクラウドシステムマネジメント市場は、コンポーネント、展開モデル、企業規模、最終使用産業に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

・ソリューション

・サービス

展開モデル別の市場構成

・パブリック

・プライベート

・ハイブリッド

企業規模別の市場構成

・小・中規模企業

・大企業

最終使用産業別の市場構成

・BFSI

・ヘルスケア・ライフサイエンス

・小売・消費財

・IT・通信

・その他

市場の競合状況

世界のクラウドシステムマネジメント市場における主要な企業としては、Amazon Web Services Inc. (アマゾン)、BMC Software Inc. (Boxer Parent Company Inc.)、Broadcom Inc.、Cisco Systems Inc.、Dynatrace Inc. (コンピュウェア)、Datadog Inc.、Flexera Software Ltd.、Micro Focus International PLC、Microsoft Corporation、New Relic Inc.、Oracle Corporation、Red Hat Inc. (IBM)、Splunk Inc.、Servicenow Inc.、VMware Inc. (Dell Technologies)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]