自動車用スリッパークラッチ市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用スリッパークラッチ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

自動車用スリッパークラッチは、フリーホイール機構を内蔵したトルクリミッターで、自動車の速度を減速する際にクラッチを部分的に切り離すことができます。これにより、トランスミッション内の全体的な運動量と急激な力を低減し、エンジンブレーキを最小限に抑え、トランスミッションの寿命を延ばすことができます。また、衝撃や振動を吸収し、後輪のロックやエンジンの焼き付きを防ぎ、自動車の性能を向上させます。現在、自動車用スリッパークラッチとアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の組み合わせは、事故や衝突の可能性を低減し、自動車のブレーキシステムを強化するため、人気を集めています。

市場の動向

急速な都市化と可処分所得の増加に伴い、高級で高性能なモーターサイクルの販売が増加しており、これが自動車用スリッパークラッチ市場の成長を促す大きな要因の一つとなっています。また、レース用プロトタイプバイクの生産台数が増加していることから、より速いラップタイムを得るために自動車用スリッパークラッチの需要が高まっています。また、レクリエーション目的のバイクレースが増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、自動車用スリッパークラッチは、ハードブレーキングやシフトダウン時にサスペンションの働きを抑えて後輪を制御し、バンピーな乗り心地を最小限に抑えることができます。これに加えて、エンジン性能の向上への注目が高まっていることも、市場の成長に貢献しています。さらに、先進的なA-RT(Anti-Reverse Torque)スリッパークラッチ技術の導入や、デュアルクラッチや高排気量のモーターサイクルの増加傾向が、市場の成長を強化しています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生と、それに伴う各国政府の閉鎖措置が自動車産業に悪影響を及ぼしており、それが市場の成長を妨げています。これらの規制が解除されれば、市場は復活すると予想されます。

主要な市場区分

自動車用スリッパークラッチの世界市場は、タイプ、車両タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・エントリーレベル(400cc未満)

・ミッドサイズ(400cc-699cc)

・フルサイズ (700cc-1000cc)

・パフォーマンス(1000cc超)

車両タイプ別の市場構成

・乗用車

・商用車

・その他

アプリケーション別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車用スリッパークラッチ市場における主要な企業としては、EXEDY Corporation、F.C.C. Co. Ltd.、Hinson Racing、Hyper Racer、Ricardo Plc、Schaeffler Technologies AG & Co. KG、Sigma Performance Limited、STM ITALY srl、SURFLEX srl、Yoyodyne L.L.C.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]