自動車用クライメートコントロール市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用クライメートコントロールの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

自動車用クライメートコントロールとは、自動車の内部温度を維持するために使用される、統合された暖房・換気・空調(HVAC)システムのことです。このシステムは、冷媒を沸騰させて熱を吸収するエバポレーター、冷媒を循環させて蒸気を圧縮するコンプレッサー、外気の温度を下げて冷媒を液化するコンデンサーで構成されています。車内の快適な温度を維持し、適切な換気によって熱的快適性を実現し、乗客に最大限の快適さを提供するために、自動または手動で操作することができます。その結果、クライメートコントロールシステムは、乗用車や小型・中型・大型商用車に幅広く採用されています。

市場の成長要因

世界的に自動車産業が大きく成長していることは、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、高級車の需要が高まっていることから、効率的な自動車用クライメートコントロールシステムへの要求が高まっています。しかし、手動式のクライメートコントロールシステムは、中・低予算の車に搭載され、物理的なダイヤルやノブを使って操作します。これに伴い、ハイブリッド車や電気自動車(H/EV)のメーカーは、二酸化炭素の排出量を最小限に抑えるため、環境に優しい冷媒を使用したこれらのシステムを採用しています。さらに、革新的な自動車用センサーの統合など、さまざまな技術的進歩も成長を促進する要因となっています。これらのセンサーは、外気温と湿度レベルに応じて、車内温度の検出と変更、窓の霜取り、フロントガラスの曇り取り、空気の除湿などを自動的に行います。また、個人の消費能力の向上や、エネルギー効率の高いシステムを実現するための研究開発活動なども、市場をさらに押し上げる要因となるでしょう。

主要な市場区分

自動車用クライメートコントロールの世界市場は、テクノロジー、コンポーネント、車両タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場構成

・自動

・マニュアル

コンポーネント別の市場構成

・コンデンサー

・コンプレッサー

・リレーとコントロールバルブ

・エバポレーターとサーモスタット

・ドライア/レシーバー

・その他

車両タイプ別の市場構成

・乗用車

・小型商用車(LCV)

・大型商用車(HCV)

流通チャネル別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

自動車用クライメートコントロールの世界市場における主要な企業としては、Air International Thermal Systems、Calsonic Kansei Corporation、Denso Corporation、Eberspächer Group、Hanon Systems、Japanese Climate Systems Corporation、Keihin Corporation、Mahle GmbH、Sanden Holdings Corporation、Subros Limited、Valeo SA Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]