自動車用死角検知(BSD)システム市場、2021年から2026年まで約11%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用死角検知システム市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約11%のCAGRで成長すると予測されています。

自動車用死角検知(BSD)システムとは、自動車のミラーやバンパーの周辺にある物体を識別するために使用されるセンサーベースのソリューションを指します。BSDシステムは、デジタルカメラを介して電磁波やコンピュータ処理された画像を送信する様々な組み込みセンサーで構成されています。一般的に使用されるBSDセンサーには、レーダー、超音波、LiDAR(Light Detection and Ranging)ベースのセンサーがあります。このシステムは、静止している物体や動いている物体を検知すると、触覚、聴覚、振動、視覚などの信号を生成してドライバーに警告します。その結果、このシステムは、乗用車や小型・中型・大型商用車に広く採用されています。

市場の成長要因

世界的に自動車産業が成長していることは、この市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、自動車の衝突や事故を最小限に抑えるための革新的なツールやシステムの利用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。高級車の需要が高まる中、自動車メーカーは、歩行者検知システムやBSDシステムなどの様々な先進的な安全機能を搭載し、物体検知やクロス・トラフィック・アラートを強化しています。これに伴い、長距離、中距離、短距離の物体を検知するレーダーベースのBSDシステムが商用車に広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、スマートミラーやマルチカメラシステムの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促進する要因となっています。これらのシステムは通常、既存のインフォテインメント・スクリーンと組み合わせて使用され、極端な天候条件でも高精度に動作する超音波を使用しています。その他の要因としては、道路や乗客の安全性を高めるために政府が厳しい政策を実施していることや、個人の支出能力が高まっていることなどが挙げられ、市場のさらなる拡大が期待されます。

主要な市場区分

自動車用死角検知システムの世界市場は、車両タイプ、技術、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

車両タイプ別の市場構成

・乗用車

・商用車

技術別の市場構成

・レーダーセンサー

・超音波センサー

・LIDARセンサー

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・OEM(相手先商標製品)メーカー

・アフターマーケット

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車用死角検知システム市場における主要な企業としては、Autoliv Inc.、Continental Aktiengesellschaft、Delphi Technologies Plc、DENSO Corporation、Ficosa International S.A. (Panasonic Corporation)、Magna International Inc.、Mando Corporation、Preco Electronics Inc (Sensata Technologies)、Robert Bosch GmbH、Smart Microwave Sensors GmbH、ZF Friedrichhafen AG (Zeppelin Technologies)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]