麻酔用気管内チューブ市場、2021年から2026年まで約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

麻酔用気管内チューブ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。市場は2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長すると予想されています。

麻酔用気管内チューブ(ETT)は、人工呼吸や鎮静ガス導入のための気管内挿管に使用される柔軟なカテーテルを指します。一般的に使用される麻酔用気管内チューブには、鼻から挿入する気管内チューブと、口から気管に挿入する気管内チューブがあります。ポリ塩化ビニル(PVC)を用いて製造され、酸素、キセノン、セボフルラン、イソフルランの導入に使用されます。また、胃内容物や鼻咽腔内物質の混入から肺を保護する役割も果たします。そのため、外傷や重篤な疾患に対する全身麻酔手術や気道閉塞の予防など、さまざまな医療現場で幅広く活用されています。

市場の動向

世界的な慢性疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、呼吸器系疾患や心血管障害(CVD)にかかりやすい高齢者人口の増加も、市場の成長を後押ししています。これに伴い、コロナウイルス疾患(COVID-19)が世界的に蔓延し続けていることから、医療機関では気道関連の処置を行うための麻酔用ETTの需要が大幅に増加しています。さらに、革新的な銀コートETTの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらのETTは、挿管された患者や人工呼吸する患者の院内感染のリスクを最小限に抑えます。また、メーカーは、先端が柔軟なタイプのETTを開発しており、壊れやすい気道を最小限の不快感で簡単に通過することができるため、市場の見通しは良好です。その他にも、広範な研究開発活動や医療インフラの改善などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界の麻酔用気管内チューブ市場は、挿管タイプ別、製品タイプ別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

挿管タイプ別の市場構成

・経鼻気管

・オロ気管

・ハイブリッド

製品タイプ別の市場構成

・一般チューブ

・強化・装甲チューブ

・コーティングチューブ

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・病院

・外来手術センター

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の麻酔用気管内チューブ市場における主要な企業としては、C. R. Bard Inc. (Becton, Dickinson and Company)、ConvaTec Group Plc、Fuji Systems Co. Ltd.、GE Healthcare Inc. (General Electric Company)、Intersurgical Limited、Medtronic Plc、Neurovision Medical Products Inc.、Sewoon Medical Co. Ltd.、Smiths Medical Inc.、Teleflex Incorporatedなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]