対戦車ミサイルシステム市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

対戦車ミサイルシステム(ATMS)市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。対戦車ミサイルシステムとは、接近戦で戦車などを破壊することを目的とした誘導弾のことを指します。これらのミサイルは、中・小型の主力戦車(MBT)に有効で、様々なサイズがあり、男性が携帯できるタイプ、三脚に取り付けられるタイプ、肩から発射されるタイプなどがあります。遠隔操作が可能で、通常は地上または航空機から発射されます。また、レーザーガイド、ワイヤーガイド、デジタル画像システムなど、さまざまな目標誘導システムで構成されています。対戦車ミサイルは、従来の武器に比べて、バンカーや壁、装甲車などのより重い障害物を貫通することができます。

市場の成長要因

この市場を牽引しているのは、世界各地での武力紛争、暴力、テロなどの発生件数の増加です。さらに、国家の安全保障を強化するための軍事的近代化の必要性が高まっていることも、市場の成長を促しています。次世代の兵器システムの開発に伴い、特に発展途上国の政府や防衛機関は、戦闘部隊の支援と生存率の向上のために新しいATMSを急速に導入しています。また、デュアルモード・シーカーを搭載したミサイルの開発など、さまざまな技術的進歩も成長の要因となっています。これらのミサイルには、赤外線と可視光のカラーチャンネルが搭載されており、熱的コントラストの低いターゲットを捕捉することができるほか、発射プラットフォームへのリモートアクセスを容易にする光ファイバーデータリンクが装備されています。その他の要因としては、世界中で防衛費が増加していることや、既存の兵器システムをアップグレードするための大規模な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。今後、2021年から2026年にかけて、世界の対戦車ミサイルシステム市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

世界の対戦車ミサイルシステム市場は、ミサイルタイプ別、プラットフォーム別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

ミサイルタイプ別の市場構成

・携帯型

・車両搭載型

プラットフォーム別の市場構成

・エアボーン

・地上設置型

エンドユーザー別の市場構成

・軍用

・商業用

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の対戦車ミサイルシステム市場における主要な企業としては、Denel Aerostructures (Pty) Ltd. (Denel SOC Ltd.), Elbit Systems Ltd., General Dynamics Corporation, KBP Instrument Design Bureau (Rostec), Lockheed Martin Corporation, MBDA, Rafael Advanced Defense Systems Ltd., Raytheon Technologies Corporation and Saab AB.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]