消化器系健康食品市場、2021年から2026年の間に7.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の消化器系健康食品市場は、2020年に406億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.5%のCAGRで成長すると予測されています。

消化器系健康食品とは、胃酸のレベルを最適に保ち、栄養素の吸収と消化を促進するために摂取される様々な食用製品を指します。プロバイオティクス、プレバイオティクス、カロテノイド、酵素、植物・動物・微生物由来の乳製品や焼き菓子、シリアル、ノンアルコール飲料など、強化・機能性・栄養補助食品が含まれます。これらの製品には、水溶性および不溶性の食物繊維、オメガ3などの脂肪酸が豊富に含まれており、心血管疾患(CVD)や癌などの酸化損傷関連の病気の予防にも役立ちます。

市場の成長要因

世界的な高齢化に伴う胃腸疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。座りっぱなしの生活や不健康な食生活が原因で、生活習慣病が増加しています。しかし、健康志向の高まりとともに、消化器系製品を含む栄養価の高い健康食品を求める傾向が強まっています。これに伴い、プロバイオティクスやプレバイオティクス、その他の酵素を日常の食生活に取り入れることも市場の成長に貢献しています。これらの製品は、腸内の健康状態を改善することで、腸内の有害なバクテリアの発生を最小限に抑え、免疫力を高めます。さらに、多様なフレーバーのノンアルコール消化器系健康飲料の開発など、さまざまな製品イノベーションも成長を促す要因として作用しています。これらの飲料は、アルコール飲料に代わる健康的な代替品として機能し、不安やストレスを和らげるとともに、消化器系の健康を改善することが知られています。その他の要因としては、消費者の支出能力の向上、メーカーによる積極的なプロモーション活動、オンライン販売サイトを通じた製品の入手のしやすさなどが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の消化器系健康食品市場は、成分、形態、製品、流通チャネルに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の消化器系健康食品市場における主要な企業としては、アボット・ラボラトリーズ、アーラ・フーズ、バイオガイアAB、カーギル・インコーポレーテッド、Chr.Hansen Holding A/S、ディアランド・プロバイオティクス&エンザイムズ、ゼネラル・ミルズ、ラレマンド・インク、モンデリーズ・インターナショナル・インク、ネスレS.A.、ペプシコ・インク、ヤクルト本社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]