アルツハイマー病治療薬市場、2021年から2026年まで6.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アルツハイマー病治療薬市場は、2020年に63億4千万米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間に6.5%のCAGRで成長すると予想されています。

アルツハイマー病は、脳のいくつかの領域における神経細胞の変性を特徴とする疾患です。記憶、言語、思考、行動などの認知機能の低下を引き起こします。アルツハイマー病の一般的な症状としては、うつ病、記憶障害、抑制力の低下、思考や推論の問題などがあります。アルツハイマー病の診断には、身体検査、血液検査、脳画像検査、精神状態や神経心理学的検査などが行われます。その結果に基づいて、医師は症状を緩和するためにさまざまな薬を処方します。アルツハイマー病治療薬は、脳内の神経細胞間のメッセージ伝達に関わる化学物質である神経伝達物質の機能に影響を与えます。

市場の動向

糖尿病、肥満、心臓病、高血圧、座りっぱなしの生活、不健康な食生活、喫煙などは、アルツハイマー病を発症させる可能性を高める要因として知られています。これらの疾患や生活習慣の増加、高齢者人口の増加は、市場成長の主な要因の一つです。さらに、大手製薬会社は、この病気を予防し、認知機能を長期的に改善する薬剤の開発に注力しています。さらに、市場の成長を支えているのは、遠隔医療サービスの拡大とオンライン薬局の普及です。これらのプラットフォームにより、遠隔地での疾病診断や薬剤提供が可能になりました。また、現在、アデュカヌマブ、ソラネズマブ、インスリンなど、さまざまなアルツハイマー病治療薬が後期臨床試験段階にあります。これらの薬剤の開発は、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のアルツハイマー病治療薬市場は、薬剤クラス、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

薬剤クラス別の市場構成

・ドネペジル

・ガランタミン

・リバスチグミン

・メマンチン

・その他

流通チャネル別の市場構成

・病院薬剤師

・小売薬局

・オンラインストア

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のアルツハイマー病治療薬市場における主要な企業としては、Abbvie Inc.、AstraZeneca PLC、Biogen Inc.、第一三共株式会社、Eisai Co. Ltd.、Eli Lilly and Company、H. Lundbeck A/S、F. Hoffmann-La Roche AG、Merck & Co. Inc.、ノバルティスAG、小野薬品工業株式会社、ファイザー株式会社、T.Ltd.、ファイザー・インク、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ・リミテッドなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]