自動車補修用コーティング剤市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車補修用コーティング剤市場は、2020年に94億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約4%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車補修用コーティング剤は、自動車のボディショップや修理センターで使用されるポリウレタン、アクリル、アルキド系のコーティング剤を指します。これらのコーティング剤は、新車/中古車の乗用車や商用車に塗布され、極端な温度変化や事故、石の衝突などによって生じたボディの損傷をカバーします。一般的に使用される補修用コーティング剤には、プライマー、フィラー、トップコート、ベースコート、アクティベーターまたはハードナーなどがあります。これらのコーティング剤には、溶剤型、水性型、紫外線(UV)硬化型があります。中でも水性型コーティング剤は、溶剤型コーティング剤に比べて揮発性有機化合物(VOC)の含有量が少なく、すべての自動車に高い効果を発揮します。

市場の成長要因

世界的な自動車産業の成長は、この市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、交通事故や衝突の増加に伴い、修理やメンテナンスの必要性が高まり、市場の成長を促しています。これに伴い、消費者はアフターマーケットで車をカスタマイズして改造することを好むようになっています。自動車補修用コーティング剤は、美観の向上、表面保護、熱・温度・腐食への耐性をもたらします。さらに、環境にやさしい補修用コーティング剤の開発など、さまざまな製品イノベーションも成長を促す要因となっています。これらのコーティング剤は、有機化学物質を使用して製造され、カスタムカラー、硬化時間の短縮、VOC排出量の最小化を実現しています。その他の要因としては、消費者の可処分所得の増加や、レクリエーション用自動車の需要の増加などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の自動車補修用コーティング剤市場は、樹脂タイプ、製品タイプ、技術、車両タイプ、地域に基づいて分類されています。

樹脂タイプ別の市場構成

・ポリウレタン

・アルキド

・アクリル

・その他

製品タイプ別の市場構成

・プライマー

・ベースコート

・アクティベーター

・フィラー

・トップコート

・その他

技術別の市場構成

・溶剤型

・水性型コーティング剤

・UV硬化型

車両タイプ別の市場構成

・乗用車

・商用車

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車補修用コーティング剤市場における主要な企業としては、3M社、Akzo Nobel N.V.、Axalta Coating Systems Ltd.、BASF SE、Clariant AG、Dupont De Nemours Inc.、関西ペイント株式会社、株式会社KCC、日本ペイントホールディングス株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]