農業用フィルム市場、2021年から2026年まで6.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

農業用フィルム市場は、2020年に105億米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間に6.4%のCAGRで成長すると予想されています。

農業用フィルムは、作物の品質を高め、収穫物を最適に利用し、悪天候や雑草の繁殖から土壌を守るために使用されます。農業用フィルムは、作物の品質向上、収穫物の最適な利用、悪天候や雑草の繁殖からの土壌保護などの目的で使用されています。現在、農業用フィルムには、用途に応じてさまざまな種類があります。近年では、紫外線(UV)カット、近赤外線(NIR)カット、蛍光フィルム、超熱フィルムなどの高機能農業用フィルムが開発され、世界的に需要が高まっています。

市場の動向

世界人口の継続的な増加、適切な耕作地の減少、農業関連製品の消費量の増加に伴い、最適な農業生産性を持つ土地の必要性が著しく高まっています。このことは、食品・飲料(F&B)産業の成長とともに、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、堆肥化可能な原料やバイオベースの原料を使用した環境に優しい農業用フィルムの登場も、市場の成長を促す大きな要因となっています。さらに、園芸人気の高まり、持続可能な農法の導入の増加、穀物貯蔵用バッグなどの革新的な製品の開発なども、市場成長に寄与する要因となっています。しかし、世界的なサプライチェーンの混乱や、コロナウイルス(COVID-19)の発生により適切な労働力の確保が困難となっていることが、市場成長の妨げとなっています。

主要な市場区分

世界の農業用フィルム市場は、タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・低密度ポリエチレン

・直鎖状低密度ポリエチレン

・高密度ポリエチレン

・エチレンビニルアセテート

・その他

アプリケーション別の市場構成

・温室

・サイレージ

・マルチング

・その他

地域別市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の農業用フィルム市場における主要な企業としては、Ab Rani Plast Oy、Armando Alvarez S.A.、BASF SE、Berry Global Inc.、Exxon Mobil Corporation、株式会社クラレ、Novamont S.p.A.、RKW Hyplast、The Dow Chemical Company、Trioplast Industrier ABなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]