緑内障治療薬市場、2021年から2026年の間に6.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

緑内障治療薬の世界市場は、2020年に68億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.3%のCAGRで成長すると予想されています。

緑内障治療薬とは、原発開放隅角(POA)および原発閉塞隅角(PAC)緑内障の様々な治療法を指します。緑内障は、視神経の構造的変化を特徴とする疾患で、通常、視力低下や失明につながります。緑内障の治療は、β遮断薬、プロスタグランジンアナログ、コリン作動薬、炭酸脱水酵素阻害薬、α-アドレナリン作動薬などを主成分とする局所点眼薬で開始することができます。これらの点眼薬は、眼球内の液体の産生を最小限に抑え、眼圧(IOP)を低下させます。その後、伝統的な外科手術やレーザー手術、あるいはその両方を組み合わせた治療が行われます。これらの治療には、移植可能な徐放装置、ポリマーベースのコンタクトレンズ、薬剤溶出性の穿刺プラグ、マイクロニードルインジェクション装置、マイクロドージング技術などの製品が使用されます。

市場の動向

世界的に緑内障の罹患率が高まっていることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。緑内障は、糖尿病や、加齢黄斑変性症(AMD)、白内障、ドライアイなどの目の疾患を持つ患者に多く見られます。緑内障は、糖尿病のほか、加齢黄斑変性症(AMD)、白内障、ドライアイなどの眼疾患の患者に多く見られます。このような疾患にかかりやすい高齢者人口の増加は、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、国民の健康意識の高まりや、レーザーによる緑内障手術への関心の高まりも、市場の成長を後押ししています。さらに、革新的な配合剤の開発も成長を促す要因となっています。製薬メーカーは、上昇した眼圧をコントロールするために、2種類以上の薬剤を組み合わせた抗緑内障薬やプロスタグランジンアナログを生み出しています。その他の要因としては、高度な緑内障診断技術の登場や医療インフラの整備などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の緑内障治療薬市場は、薬効クラス、適応症、エンドユーザーに基づいて分類されています。

薬効クラス別の市場区分

・プロスタグランジンアナログ

・βブロッカー

・α-アドレナリン作動薬

・炭酸脱水酵素阻害薬

・配合剤

・その他

適応症別の市場区分

・開放隅角緑内障

・閉塞隅角緑内障

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・眼科医院

・外来手術センター

・その他

市場の競合状況

世界の緑内障治療薬市場における主要な企業としては、Aerie Pharmaceuticals Inc.、Allergan Plc、Bausch & Lomb Incorporated (Bausch Health Companies Inc.)、Inotek Pharmaceuticals Corp.、Merck & Co. Inc.、Novartis AG、Pfizer Inc.、Santen Pharmaceutical Co. Ltd.、SIFI S.p.A.、Teva Pharmaceutical Industries Ltdなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]