自動車用フィルター市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用フィルター市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用フィルターは、有害な汚染物質、不純物、汚染物質が車内に侵入するのを防ぎます。また、これらのフィルターは、暖房・換気・空調(HVAC)システムを介して車内に侵入する花粉、埃の粒子、悪臭ガスを吸収します。これにより、健康的で衛生的な車内環境を維持し、フロントガラスの急激な結露を防ぐことで視界不良を回避することができます。さらに、自動車用フィルターは、エンジン性能を向上させ、燃料消費量を削減するため、環境への影響を最小限に抑えるために、世界中で普及しています。

自動車の販売台数の増加と環境問題への関心の高まりを受けて、いくつかの国の政府は、温室効果ガス(GHG)の排出量や自動車の燃費に関する厳しい基準を策定しています。これに伴い、二酸化炭素の排出量を削減するために、自動車に様々なタイプのフィルターを採用する動きが加速しています。さらに、都市部での大気汚染の深刻化や呼吸器系疾患の増加に伴い、大気汚染物質を吸収し、よりクリーンな空気を供給する自動車用フィルターの需要が高まっています。さらに、大手企業は、自動車用フィルターの耐用年数を延ばすために、研究開発に投資しています。

主要な市場区分

世界の自動車用フィルター市場は、メディアタイプ、フィルタータイプ、流通チャネル、車両タイプ、地域に基づいて分類されています。

メディアタイプ別の市場構成

・セルロース

・ファイバーグラス

・その他

フィルタータイプ別の市場構成

・エアフィルター

・燃料フィルター

・油圧フィルター

・オイルフィルター

・ステアリングフィルター

・クーラントフィルター

・その他

流通チャネル別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

車両タイプ別の市場構成

・商用車

・乗用車

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車用フィルター市場における主要な企業としては、Cummins Inc.、DENSO Corporation、Donaldson Company Inc.、General Motors Company、Hengst SE、Hollingsworth & Vose Company、K & N Engineering Inc.、Lydall Inc.、MAHLE GmbH、MANN+HUMMEL GmbH、Parker-Hannifin Corporation、Robert Bosch GmbH、Sogefi SpAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]