民間航空機用カーボンブレーキ市場、2021年から2026年の間に7.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

民間航空機用カーボンブレーキ市場は、2020年に8,113億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.6%のCAGRで成長すると予想されています。

カーボンブレーキは、回転しているディスクと静止しているディスクの間の摩擦を利用して、動いている航空機を停止させるのに役立ちます。カーボンブレーキは、高温、熱衝撃、機械的劣化に強く、耐久性があります。そのため、民間航空機ではスチール製のブレーキよりも広く使用されています。一部の航空機モデルにこのブレーキを後付けすることで、燃料消費量を減らし、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減することができます。さらに、製造やオーバーホールの手順を改善することで、カーボンブレーキの全体的なコストが削減され、小型で短距離輸送の民間航空機への適用が拡大しています。

市場の動向

可処分所得の増加に伴う航空旅客数の増加、出張の増加、オンラインでの旅行予約が容易になったことなどは、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、国際貿易の拡大に伴い、民間航空機における高性能ブレーキの需要が高まっていることも、市場の成長を促しています。さらに、カーボンブレーキには、耐用年数が長い、メンテナンスコストが低い、エネルギー吸収率が高い、冷却速度が速いなどの利点があり、従来のブレーキよりも採用率が高まっています。また、環境問題への関心の高まりを受けて、各国の政府機関が航空業界からの温室効果ガス(GHG)排出量に厳しい基準を設けていることも、市場にプラスの影響を与えています。しかし、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大や、国内外の航空会社の運航停止による旅行・観光活動の低下は、市場の成長にマイナスの影響を与えています。ロックダウンの制限が緩和されれば、さらなる成長が期待されます。

主要な市場区分

世界の民間航空機用カーボンブレーキ市場は、航空機タイプ、材料、製造工程、エンドユーザーに基づいて分類されています。

航空機タイプ別の市場構成

・ナローボディ機

・ワイドボディ機

・その他

材料別の市場構成

・石油ピッチ

・ポリアクリロニトリル

製造工程別の市場構成

・化学気相浸透

・液相浸潤

エンドユーザー別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

市場の競合状況

世界の民間航空機用カーボンブレーキ市場における主要な企業としては、エアバス社、クレーン社、ハネウェル社、メギット社、メルセン社、三菱重工業社、パーカー・ハニフィン社、レイセオン社、サフラン社、SGLカーボン社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]