自動車用サーマルシステム市場、2021年から2026年にかけて3.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用サーマルシステム市場は、2020年に510億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は3.7%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用サーマルシステムは、モーター、バッテリー、キャビネットエリアなど、さまざまな自動車部品の望ましい温度レベルを維持・調整するのに役立ちます。温度変動を抑え、効率を高め、故障を防ぎます。また、燃料消費量を削減し、パワートレインの効率を向上させることで、二酸化炭素の排出量を削減することができます。その結果、建設や輸送分野で使用される大型車両の製造に広く利用されています。現在、自動車の電動化の需要が高まっており、走行距離に影響を与えることなくユーザーの快適性を高め、バッテリーの温度を理想的な動作条件に保つために、これらのシステムの利用が増加しています。

また、自動車の内燃機関(ICE)から排出される二酸化炭素を削減する必要性が高まっていることや、各国の規制当局による厳しい排出ガス規制が、市場成長の主な要因の一つとなっています。これに加えて、環境にやさしく軽量な先進の暖房・換気・空調(HVAC)システムの利用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、ハイブリッド電気自動車(HEV)の販売台数が増加していることに加え、リアルタイムで温度を感知し、ユーザーに必要なソリューションを提供するサーマルセンサーを自動車用サーマルシステムに統合したことも、市場の成長に貢献しています。さらに、建設業の増加に伴い、大型車両の需要が高まっており、これが市場の成長を促進しています。しかし、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と、それに伴う各国政府による封鎖措置により、サプライチェーンが混乱しています。正常な状態に戻れば、市場は成長すると期待されています。

主要な市場区分

世界の自動車用サーマルシステム市場は、コンポーネント、車両タイプ、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

・コンプレッサー

・HVAC

・パワートレインの冷却

・液体輸送

車両タイプ別の市場構成

・乗用車

・小型商用車

・大型商用車

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車用サーマルシステム市場における主要な企業としては、ボルグワーナー、コンチネンタル、デンソー、ゼネラルモーターズ、ジェンサーム、グレイソンオートモーティブサービス、レノックス、マーレ、モダイン、ビステオンなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]