生物学的安全キャビネット市場、2021年から2026年の間に7.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

生物学的安全キャビネット市場は、2020年に1億8,800万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に7.8%のCAGRで成長すると予想されています。

生物学的安全キャビネット(BSC)とは、様々な病原体による汚染から作業者や機器を保護するために設計された、換気可能な実験室の作業スペースのことです。このキャビネットは、有害なウイルス、バクテリア、その他の微生物による生物学的暴露を最小限に抑えます。キャビネットは3つのクラスI、II、IIIに分類されます。クラスIのキャビネットは、ユーザーと周囲の環境を保護します。クラスIIのキャビネットは、ユーザー、環境、サンプルを保護し、低~中程度のリスクの生物学的物質に使用され、クラスIIIのキャビネットは、ガス密閉により最大限の保護を提供します。これらのキャビネットは、製品の品質を最適に管理し、汚染の潜在的なリスクを最小限に抑えるために、異なる保護レベルを提供するようにカスタマイズすることができます。

市場の成長要因

現在進行中のウイルスの大流行に伴い、感染症のリスクが高まっていることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に流行し続けていることから、医療機関におけるBSCの需要が大幅に増加しています。さらに、バイオハザードへの曝露や二次汚染から製品、人員、環境を保護する必要性が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。BSCは、診断ラボや製薬メーカーが医薬品の微生物学的品質を維持するために広く使用されています。さらに、構造や気流のパターン、速度、排気システムを改良したキャビネットの開発など、さまざまな製品イノベーションが市場の成長を促進しています。また、キャビネットの制御を容易にするためのデジタルインターフェースや、環境の無菌性を維持するための高効率粒子状空気(HEPA)フィルターも装備されています。その他にも、医療インフラの改善に伴い、検査機器の近代化が急速に進んでいることも、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界の生物学的安全キャビネット市場は、タイプ別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

市場の競合状況

世界の生物学的安全キャビネット市場における主要な企業としては、エア・サイエンス社、Berner International社、BIOBASE社、Esco Micro Pte Ltd.社、EUROCLONE SPA (AddLife Development AB)社、Germfree Laboratories社、Kewaunee Scientific Corporation社、Labconco社、NuAire (Polypipe)社、The Baker Company, Inc.社、Thermo Fisher Scientific Inc.社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]