極低温機器市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

極低温機器市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長すると予想されています。

極低温機器とは、極低温での物質の保管や輸送に使用される機器を指します。極低温貯蔵ラック、ボックス、冷蔵庫、圧力容器、コールドトラップ、精製装置、配管、温度調節器、アクセサリー、タンクなどで構成されています。主な用途は、冷却、冷凍、金属加工、バイオメディカル、化学物質の保管などです。また、危険物を取り扱う際の偶発的な接触からユーザーを保護するのにも役立ちます。そのため、化学、石油・ガス、エネルギー・電力、食品・飲料、ヘルスケア、海洋、航空宇宙など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界的に航空宇宙・航空産業が大きく成長していることは、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。さらに、液化天然ガス(LNG)の需要が各業界で高まっていることも、市場の成長を促進しています。極低温機器は、液体ヘリウム、酸素、窒素、アルゴン、二酸化炭素(CO2)など、LNGベースの発電所で使用されるガス用に特別に設計されています。また、オイルタンカー、気化器、ポンプ、冷凍機、バルブなど、石油・ガス分野での利用が増加していることも、市場拡大の大きな要因となっています。さらに、免疫療法、医薬品、予防接種、再生医療などの分野における技術の進歩により、低温機器の利用が促進されていることも、市場の成長に寄与しています。その他、クリーンなエネルギー源へのニーズの高まりや、移動式の低温機器の開発なども、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界の極低温機器市場は、機器、寒剤、アプリケーション、最終使用産業に基づいて分類されています。

機器別の市場構成

・タンク

・ポンプ

・熱交換器

・バルブ

・その他

寒剤別の市場構成

・窒素

・液化天然ガス

・ヘリウム

・その他

アプリケーション別の市場構成

・貯蔵

・輸送

・加工

・その他

最終使用産業別の市場構成

・石油・ガス

・エネルギー・電力

・食品・飲料

・ヘルスケア

・海洋・航空宇宙

・化学品

・その他

市場の競合状況

世界の極低温機器市場における主要な企業としては、Air Liquide S.A.、Air Products and Chemicals Inc.、Chart Industries Inc.、Cryofab Inc.、Cryoquip LLC (Nikkiso Co. Ltd.)、Emerson Electric Co.、Flowserve Corporation、Herose GmbH、INOX India Pvt. Ltd.、Linde Plc、Parker-Hannifin Corporation、Wessington Cryogenicsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]