バイオフォトニクス市場、2021年から2026年の間に10.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオフォトニクス市場は、2020年に565億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は10.3%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオフォトニクスとは、光を利用した技術を用いて生命科学や医学を研究する学際的な研究分野を指します。生体組織、細胞、分子の研究には、シースルーイメージング、インサイドイメージング、分子分光法、顕微鏡法、分析的センシング、バイオセンシングソリューションをベースにした分光法、フォトメカニクス、光ファイバーセンサーなどの技術が用いられます。これらの技術は、生体分子や生体材料からの放射線の放出、検出、吸収、反射、修正を助けます。その結果、バイオフォトニクスは、生命科学、農業、環境科学、歯科学、医学などの分野で幅広く活用されています。

市場の成長要因

慢性疾患の増加に伴い、病気の診断にバイオフォトニクスが広く採用されるようになったことは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、こうした病気にかかりやすい高齢者人口の増加も、市場の成長を後押ししています。さらに、非医療分野でのバイオフォトニクスの普及が、市場の見通しを明るくしています。環境モニタリングや防衛用途で、化学物質や毒素、微生物の検査に利用されています。さらに、ナノテクノロジーや新しい光音響トモグラフィー(PAT)システムの登場など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらのシステムでは、金やシリカのナノ粒子を用いてバイオメディカルイメージングを行い、患者のがん細胞を正確に検出します。その他の要因としては、タンパク質、核酸、ウイルスの診断・検査施設の開発への投資の増加や、広範な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のバイオフォトニクス市場は、テクニック、テクノロジー、アプリケーションに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のバイオフォトニクス市場における主要な企業としては、Andor Technology Ltd. (Oxford Instruments Plc), BD (Becton, Dickinson and Company), Carl Zeiss AG (Carl-Zeiss-Stiftung), Glenbrook Technologies Inc., 浜松ホトニクス株式会社, Lumenis Ltd., オリンパス株式会社, Perkinelmer Inc., Thermo Fisher Scientific Inc., Zecotek Photonics Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]