動物飼料市場、2021年から2026年までCAGR3.5%で成長見込み

市場の概要

動物飼料市場は、2020年に4,480億米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間にCAGR 3.5%で成長すると予想されています。

動物飼料とは、反芻動物、家禽、豚、水生動物などが消費するために栽培・製造された食品を指します。動物飼料は、サイレージ、干し草、わら、油、発芽した穀物、豆類など、栄養価の高い製品をブレンドして製造されます。タンパク質、繊維、炭水化物、ミネラル、酵素、酸味料、抗生物質、酸化防止剤などが豊富に含まれており、牛乳、卵、肉などの動物の生産物をさらに豊かにします。また、この飼料は、動物の生命活動を維持し、筋肉の活動を支えるエネルギー源としても機能します。

市場の成長要因

食肉や動物性食品に対する需要の高まりと、それに伴う商業的な家畜生産の増加が、市場の成長を促す主な要因となっています。消費者の健康志向の高まりにより、様々な栄養素の供給源として乳製品や肉製品への需要が急増しており、これが動物飼料の必要性にプラスの影響を与えています。さらに、藻類を原料とした飼料の健康効果に関する認識が高まっていることも、市場の成長を促す大きな要因となっています。微細藻類は、家畜の初期の発育段階に必要な栄養素を動物飼料に配合する上で重要な役割を果たします。また、高品質の卵、牛乳、肉の生産を保証するとともに、身体の成長を促進します。さらに、ベンダーは、消費者の自然食品への需要に応えるために、非遺伝子組み換え作物を動物飼料に取り入れています。その他、消費者の可処分所得の増加、広範な研究開発(R&D)、高品質な動物飼料の使用を促進する有利な政府政策の実施などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の動物飼料市場は、形態、動物の種類、成分、地域に基づいて分類されています。

形態別の市場構成

・ペレット

・クランブル

・マッシュ

・その他

動物の種類別の市場構成

・スターター

・フィニッシャー

・グロワー

反芻動物

・子牛

・乳牛

・肉牛

・その他

家禽類

・ブロイラー

・レイアー

・ターキー

・その他

水産養殖

・鯉

・甲殻類

・マッケラン

・ミルクフィッシュ

・軟体動物

・鮭

・その他

成分別の市場構成

穀類

オイルシードミール

糖蜜

魚油と魚粉

添加物

・抗生物質

・ビタミン剤

・酸化防止剤

・アミノ酸

・飼料用酵素

・飼料用酸味料

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の動物飼料市場における主要企業としては、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社、カーギル社、チャロエン・ポクファンド・グループ、デュポン・ド・ヌムール社、エボニック・インダストリーズ社(RAG-Stiftung)、フォーファマーズ社(ForFarmers N.V.)、ケミン・インダストリーズ社(Kemin Industries Inc)、ニュートレコ社(Nutreco N.V.)、パーデュー・ファームズ社(Perdue Farms Inc)、タイソン・フーズ社(Tyson Foods Inc)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]