先進的サスペンションコントロールシステム市場、2021年から2026年まで8.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

先進的サスペンションコントロールシステム市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。市場は2021年から2026年の間に8.4%のCAGRで成長すると予測されています。

先進的サスペンションコントロールシステムとは、車体へのサポートを強化するために設計された自動車部品のことです。このシステムは、スプリング、ショックアブソーバー、リンケージを介してタイヤにサスペンションを提供し、車両とホイールを接続し、両者の間の相対的な動きを促進します。このシステムは、車両の速度を減速させ、サスペンションのたわみを最小限に抑えることで、ロードホールディングや乗り心地を管理し、車両の操縦性を向上させることができます。従来から使用されているサスペンションコントロールシステムと比較して、これらの先進的なバージョンは、より堅牢で、小型・中型自動車、小型・大型商用車に使用することができます。

市場の成長要因

自動車産業の著しい成長と、軽量でエネルギー効率の高いコンポーネントへの需要の高まりが、市場の見通しを明るくする主な要因となっています。さらに、SUV(準多目的車)や高級スポーツカーの需要が高まっていることも、市場の成長を促進しています。先進的サスペンションコントロールシステムは、車両の水平性や減衰性に適応することができ、パフォーマンスやドライバーの安全性・快適性の向上に役立ちます。さらに、テールパイプからの排出量を最小限に抑えたサスペンションコントロールシステムの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。製品メーカーは、電子制御式のエアサスペンションシステムを開発しています。このシステムは、油圧部品や機械部品と統合されており、優れたオイルフローと、バネ力や減衰力の制御を実現しています。その他、サスペンションシステムの設計・製造技術の向上や、広範な研究開発(R&D)活動なども、市場をさらに押し上げる要因となるでしょう。

主要な市場区分

先進的サスペンションコントロールシステムの世界市場は、システムタイプ別、コンポーネント別、車両別、車種別、販売チャネル別、地域別に分類されています。

システムタイプ別の市場構成

・セミアクティブサスペンションシステム

・アクティブサスペンションシステム

コンポーネント別の市場構成

・スプリング

・ショックアブソーバー

・ストラット

・コントロールアーム

・ボールジョイント

・その他

車両別の市場構成

・乗用車

・商用車

・その他

車種別の市場構成

・コンベンショナル

・ガソリンベース

・ディーゼルエンジン

・ハイブリッド

・電気自動車

販売チャネル別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

先進的サスペンションコントロールシステムの世界市場における主要な企業としては、BWI Group、Continental AG、Hitachi Automotive Systems Ltd.、Infineon Technologies AG、Lord Corporation、Marelli Europe S.P.A.、Schaeffler AG、The Mando Corporation、ThyssenKrupp AG、ZF Friedrichshafen AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]