脈絡膜新生血管市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

脈絡膜新生血管市場は、2020年に53億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長すると予想されています。

脈絡膜新生血管(CNV)とは、目の脈絡膜層に新しい血管ができ、ブルッフ膜や網膜色素上皮(RPE)に影響を与えることを指します。その症状は、脂質の滲出、網膜下の血液や液体、中心視野の歪み、波打ち、黒点などがあります。現在、CNVの診断には、フルオレセイン血管造影(FA)、インドシアニングリーン(ICG)血管造影、光干渉断層撮影(OCT)などの検査法が用いられています。その結果に基づいて、医師は血管内皮増殖因子(VEGF)治療薬、熱レーザー治療、光線力学的治療(PDT)などを処方し、血管の成長を防ぎます。

市場の動向

脈絡膜新生血管市場は、加齢黄斑変性症(ARMD)、眼球ヒストプラスマ症、病的近視、アンギオイドストリーク、脈絡膜裂傷、脈絡膜や網膜の炎症性疾患などの有病率の上昇により、成長を遂げています。さらに、深刻な健康状態に陥りやすい高齢者人口の増加も、市場の成長を促進する重要な要因として作用しています。さらに、長期持続型の抗VEGF薬の導入に加え、配合剤の採用が進んでいることも、世界のCNV治療の需要を押し上げています。その他、医療インフラの整備や研究開発活動への投資の増加なども、市場の成長に寄与しています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、各国の医療システムは過重な負担を強いられています。そのため、医師たちは、ウイルス感染のリスクを防ぐために、患者の選択、安全な注射方法、適切な滅菌に力を入れています。また、緊急性のない場合には、フォローアップの予約を変更・延期したり、重篤な状態の患者にテレヘルスを利用した遠隔モニタリングソリューションを提供したりしています。

主要な市場区分

世界の脈絡膜新生血管市場は、製品タイプ、診断法、治療法、アプリケーションに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・静脈内投与

・非侵襲性

診断法別の市場構成

・フルオレセイン血管造影法(FA)

・インドシアニングリーン(ICG)血管造影法

・スペクトル領域光干渉断層計(OCT)

・その他

治療法別の市場構成

・血管新生阻害剤の注射

・フォトダイナミックセラピー

・レーザー光凝固療法

・低線量放射線治療

・手術

アプリケーション別の市場構成

・極度の近視

・悪性近視変性症

・加齢による悪化

市場の競合状況

世界の脈絡膜新生血管市場における主要な企業としては、Bausch Health Companies Inc.、Bayer AG、Gilead Sciences, Inc.、F. Hoffmann-La Roche AG、MaaT Pharma、Novartis AG、Pfizer Inc.、Quark Pharmaceuticals Inc. (SBIアラファーマ株式会社)、Regeneron Pharmaceuticals Inc. Ltd.、株式会社三和化学研究所などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]