自動車用イグニッションシステム市場、2021年から2026年の間に8.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用イグニッションシステム市場は、2020年に88億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は8.1%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用イグニッションシステムとは、自動車の中で火花や熱を発生させ、エンジンを点火させる回路のことを指します。これらのシステムで使用される一般的な点火方法には、圧縮点火、同時点火、COP(コイルオンプラグ)点火の3つがあります。イグニッションスイッチ、イグニッションコイル、ディストリビューター、ハイテンションケーブル、スパークプラグなどで構成されています。これらの部品は、エンジンのシリンダー内のスパークプラグに高電圧の電流を供給し、スパークプラグの隙間で電気的な火花を発生させます。この火花から発生する熱で、燃焼室内の圧縮空気と燃料の混合気に点火し、自動車のエンジン起動することができます。その結果、自動車用イグニッションシステムは、乗用車、自動二輪車、小型および大型商用車(L/HCV)などのガソリンエンジン車に幅広く採用されています。

市場の成長要因

世界的な自動車産業の成長は、市場成長の重要な要因の一つです。大衆の環境意識の高まりにより、操作効率と燃費を向上させるイグニッションシステムの需要が高まっています。これに加えて、レーザーイグニッションシステムの普及も市場の成長を後押ししています。また、自動車産業の急速な電化や、センサー、スイッチ、トランジスターを統合した電子式イグニッションシステムの開発など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。従来の機械式システムに比べて、これらの最新型システムでは、馬力レベルが向上し、より正確で信頼性の高い電流を流すことができます。その他の要因としては、環境への二酸化炭素の排出量を管理するための政府の有利な政策の実施や、消費者の可処分所得の増加などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の自動車用イグニッションシステム市場は、エンジンタイプ、イグニッションタイプ、コンポーネント、車両タイプ、販売チャネルに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の自動車用イグニッションシステム市場における主要な企業としては、ボルグワーナー、コンチネンタル、デンソー、ダイヤモンド電機、日立製作所、三菱電機、日本ガイシなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]