データセンターインフラ管理(DCIM)市場、2021年から2026年の間に約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のデータセンターインフラ管理(DCIM)市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約15%のCAGRで成長すると予想されています。

データセンターインフラ管理(DCIM)は、データセンター内のIT機器やサポートサーバー、ストレージ、電源、冷却システムの監視、測定、管理を行います。DCIMは、環境条件を観察し、詳細な情報をリアルタイムに把握するのに役立ちます。また、エネルギーモニター用のセンサーを用いて、電力使用効率(PUE)や冷却システムのエネルギー効率を集計・分析します。最近では、DCIMとCFD(Computational Fluid Dynamic)解析を組み合わせて、エアフローやシステムの配置を最適化する企業も増えています。

市場の動向

データセンターの仮想化が進むにつれ、サイバー脅威やセキュリティ侵害のリスクが高まっています。そのため、いくつかの企業はこれらの脆弱性に対処するためにDCIMソリューションを採用しています。さらに、次世代DCIMソリューションは、クラウド上でホストされ、人工知能(AI)や機械学習(ML)技術を活用しているため、広く採用されています。また、これらのソリューションは、スケーラビリティ、迅速な展開、ゼロコンフィグ分析、データの共有とコラボレーション、ダウンタイムとメンテナンスコストの削減などの革新的な機能を提供します。さらに、急速なデジタル化、電子商取引分野の成長、医療機器や自律走行車への先進技術の統合が進んでいることも、市場成長にプラスの影響を与えている要因の一つです。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と、それに伴う各国政府の閉鎖措置により、遠隔医療、e-ラーニング、OTT(Over the Top)プラットフォーム、さまざまな組織のリモートワークモデルにおけるデジタルサービスの利用が増加しています。これに伴い、ネットワークトラフィックやデータ使用量の増加を管理するためのDCIMソリューションの需要が高まっています。

主要な市場区分

世界のデータセンターインフラ管理市場は、ソリューションタイプ、データセンターの規模、最終用途産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のデータセンターインフラ管理市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Emerson Electric Co.、International Business Machines Corporation、Modius Inc.、Nlyte Software、Panduit Corporation、Raritan Inc. (Legrand), Rittal GmbH & Co. KG、Schneider Electric、Siemens Aktiengesellschaft、Vertiv Group Corp.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]