化粧品包装市場、2021年から2026年の間に5.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

化粧品包装市場は、2020年に260億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に5.1%のCAGRで成長すると予想されています。

化粧品は通常、一次、二次、三次と異なる層のパッケージで提供されています。一次包装は内容物を入れ、二次包装は一次包装をまとめるためのものです。一次包装には、販売店の名前や住所、成分、バッチ番号、使用期限、警告、使用方法など、製品に関する必要な情報を記載したラベルが貼られています。三次包装は、輸送、バルクハンドリング、倉庫での保管中にさらされる可能性のある危険から製品を保護するために使用されます。また、化粧品包装は、放射線による損傷やカビの繁殖から製品を保護するために、耐久性のある素材を使用しています。

市場の成長要因

可処分所得の増加、ソーシャルメディアの影響力の高まり、外見へのこだわりなどにより、高級化粧品の需要が高まっています。このことは、化粧品包装市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、消費者の利便性を高めるために旅行用サイズのパッケージを導入することも、市場の成長を後押ししています。また、持続可能なファッションや自然派化粧品のトレンドの高まりを受けて、いくつかのメーカーは、環境に優しくリサイクル可能な素材を使用したプッシュアップチューブや竹製ジャーを導入しています。また、パッケージによる環境への影響を軽減するために、建設資材から出る廃石灰石を利用した樹木を使用しない紙の開発など、革新的な戦略を採用しています。また、エアレスパッケージや3Dプリント技術の進歩により、消費者が各々のニーズに合わせて製品をカスタマイズできるようにしている企業もあります。さらに、包装表面を介したコロナウイルス(COVID-19)感染への懸念が高まっていることから、これらの企業は、抗菌性があり、紫外線(UV)で殺菌できる包装用コーティング剤に注目しています。

主要な市場区分

世界の化粧品包装市場は、製品タイプ、素材、容量、化粧品タイプなどに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・プラスチック製ボトルおよび容器

・ガラス製ボトルおよび容器

・金属容器

・折りたたみ容器

・段ボール箱

・チューブスティック

・キャップクロージャー

・その他

素材別の市場構成

・ガラス包装

・金属包装

・プラスチック包装

・紙製品

・その他

容量別の市場構成

・50ml未満

・50~100ml

・100~150ml

・150~200ml

・200ml超

化粧品タイプ別の市場構成

・ヘアケア

・カラーコスメ

・スキンケア

・メンズグルーミング

・デオドラント

・その他

市場の競合状況

世界の化粧品包装市場における主要な企業としては、Albea Cosmetics America Inc.、Amcor Plc、AptarGroup Inc.、Berry Global Group Inc.、Cosmopak Corp.、DS Smith PLC、Gerresheimer AG、Graham Packaging Company (Reynolds Group Holdings Limited)、Huhtamäki Oyj、Libo Cosmetics Co. Ltd.、Quadpack (Eudald Holdings SL)、Sonoco Products Companyなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]