ファクタリング市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のファクタリング市場は、2020年に約3,343億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

ファクタリングとは、ある組織から債務や請求書を割引価格で購入し、決済時に買い手に利益が入るようにするプロセスを指します。リコース、ノンリコース、ディスクロージャー、国内、輸出前払い、満期ファクタリングなど、一般的に採用されている様々な形態があります。これらのファクタリングは、主債務者の債務を軽減し、取引を継続するために必要な運転資金を提供する一方で、買い手(ファクター)は債務が支払われた際の利益を得ることができます。

市場の動向

銀行・金融サービス・保険(BFSI)業界の著しい成長は、市場成長にプラスの影響を与える重要な要因の一つです。また、零細・中小企業のための代替的な資金調達の必要性が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。ファクタリングを利用することで、企業は運転資金の融資を受けることができ、信用リスクを軽減することができます。これに伴い、ファクタリングなどのサプライチェーンファイナンスのメリットに関する認知度が上昇していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、ファクタリングサービスにブロックチェーン技術や暗号通貨が登場したことも、市場成長を促す要因として作用しています。これらの先進的なソリューションは、各請求書を一意に識別して自動化することで、迅速な資金調達、完全な取引セキュリティ、スマートコントラクト機能を実現します。その他、国境を越えた貿易活動の活発化に伴い、貿易金融におけるデジタルプラットフォームの利用が増加していることなども、市場をさらに押し上げる要因になると予想されています。

主要な市場区分

世界のファクタリング市場は、タイプ別、組織規模別、アプリケーション別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・国際

・国内

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

アプリケーション別の市場区分

・交通機関

・ヘルスケア

・建設

・製造業

・その他

市場の競合状況

世界のファクタリング市場における主要な企業としては、Advanon AG (CreditGate24 (Schweiz) AG)、Aldermore Bank PLC (FirstRand Group)、Bluevine Capital Inc.、BNP Paribas S.A.、Deutsche Leasing AG (Deutsche Sparkassen Leasing AG & Co. KG)、Eurobank Ergasias SA、HSBC Holdings Plc、Mizuho Financial Group Inc.、Société Générale S.A.、The Southern Banc Company Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]