バイオメトリクスサービス(BaaS)市場、2021年から2026年の間に22.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオメトリクスサービス(BaaS)市場は、2020年に18億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は22.3%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオメトリクスサービス(BaaS:Biometrics as a Service)とは、生物学的および行動学的特徴を用いて個人を識別し、認証を行うクラウドベースのアプリケーションを指します。これは、高精度の目、声、顔の認識を通じてユーザーの存在を記録するバイオメトリクス技術に基づいています。これにより、企業全体での高度な生体認証が可能となり、既存の組織インフラのセキュリティ強化に役立ちます。従来の紙やピンによる認証システムと比較して、BaaSシステムは拡張性が高く、コストと時間の効率性に優れ、不正行為の可能性も低くなります。最新のBaaSソリューションは、サイトやモバイルのアクセスコントロール、時間記録、ウェブやワークスペースの管理などに導入することができます。

市場の成長要因

包括的な認証システムへのニーズの高まりと、世界中の企業によるクラウドベースのサービスの採用が増加していることが、市場の見通しを明るくする主な要因の一つです。政府機関や民間企業は、セキュリティ攻撃やID盗難に対抗するために、先進的なBaaSソリューションを採用しています。さらに、これらのソリューションが銀行、医療、小売の各分野で広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。例えば、銀行サービスプロバイダーは、仮想取引やデジタルウォレットのためのモバイルベースのアプリケーションを提供していますが、これらは非常に機密性が高く、指紋スキャンや顔・音声認識などの高度な認証システムがなければアクセスすることができません。さらに、BaaSをスマートフォン、タブレット、ラップトップに統合するなど、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。また、BaaSは、さまざまな技術的進歩により、マルチデバイスや場所にとらわれない環境での商取引を可能にします。また、急速な都市化の進展や、国家安全保障の強化に向けた政府の取り組みなども、市場をさらに押し上げる要因となるでしょう。

主要な市場区分

世界のバイオメトリクスサービス(BaaS)市場は、コンポーネント、ソリューションタイプ、特性、モダリティ、ラックユニット、展開モデル、組織規模、アプリケーション、エンドユーザーなどに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のバイオメトリクスサービス(BaaS)市場における主要な企業としては、Accenture、Aware Inc.、BioID、富士通株式会社(Furukawa Group)、Imageware Systems Incorporated、IDEMIA France、Iritech Inc.、M2SYS Inc.、NEC Corporation、Thales Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]