自動マテリアルハンドリング機器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

自動マテリアルハンドリング機器市場は、2015年から2020年にかけて約8%のCAGRで成長しました。市場は2021年から2026年にかけて緩やかな成長を示すと予想されています。

マテリアルハンドリングには、製品や材料の製造、倉庫保管、流通、消費、廃棄の際に行われる、移動、保護、保管、制御などの幅広い活動が含まれます。最近では、人の介在を減らし、物流管理を向上させるために、自動化されたマテリアルハンドリング機器を使って行われるのが一般的です。また、予測、生産計画、資源配分、在庫管理、フローとプロセスの管理、アフターセールスのサポートとサービスにも役立ちます。その結果、いくつかの組織は、顧客サービスの向上、在庫の削減、配送時間の短縮、全体的なハンドリングコストの削減のために、自動化されたハンドリング機器に依存しています。

市場の動向

急速な工業化、第4次産業革命(インダストリー4.0)の勃興、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、無線自動識別(RFID)技術の普及などが、市場の成長に拍車をかける主な要因です。これに加えて、航空宇宙、農業、自動車、建設業界の大幅な成長に伴い、これらの分野の大手企業は、製造プロセスの近代化、倉庫業務の柔軟性向上、サプライチェーンの透明性向上のために、次世代自動マテリアルハンドリング機器を活用しています。さらに、主要企業は、革新的な製品を導入するために、他社との合併・買収(M&A)、共同研究、パートナーシップを重視しています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生、政府機関による社会的距離を置くルールの導入、リモートワークモデルの採用の増加などを受けて、これらのプレイヤーはサプライチェーンの自動化とデジタル化にも力を入れています。これは、市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。

主要な市場区分

世界の自動マテリアルハンドリング機器市場は、コンポーネント、製品、機能、システムタイプ、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

製品別の市場構成

・コンベア・仕分けシステム

・自動化されたストレージ&リトリーブシステム

・ロボット

・自動運転ガイドシステム   

・その他

機能別の市場構成

・組立

・パッケージング

・保管

・輸送

・流通

・その他

システムタイプ別の市場構成

・ユニットロード

・バルクロード

最終使用産業別の市場構成

・自動車

・化学

・航空

・半導体・電子部品

・電子商取引

・食品・飲料

・ヘルスケア

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動マテリアルハンドリング機器市場における主要な企業としては、BEUMER Group GmbH & Co. KG、Daifuku Co. Ltd.、Honeywell International Inc.、JBT Corporation、Kion Group AG、KNAPP AG、KUKA Aktiengesellschaft(Midea Group Co.Ltd.)、村田機械株式会社、TGW Logistics Group GmbH、豊田自動織機株式会社、Viastore Systems GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]