コンパニオン診断市場、2021年から2026年の間にCAGR19.5%で成長見込み

市場の概要

世界のコンパニオン診断市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間にCAGR 19.5%で成長すると予測されています。

コンパニオン診断とは、安全で効果的な医療を提供するために、対応する治療薬に関する重要な情報を提供する検査と治療法の組み合わせを指します。また、コンパニオン診断は、疾患の生物学や作用機序(MOA)に関する深い理解をもたらし、医療従事者が治療薬の患者に対する潜在的な副作用やリスクを判断するのに役立ちます。現在、コンパニオン診断は、標的療法や個別化医療を患者に提供するために、がん領域で広く利用されています。

市場の成長要因

がんの罹患率の増加と、体外診断や標的療法の需要の高まりは、世界のコンパニオン診断市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、個別化医療(PHC)や精密医療は、心血管疾患、神経疾患、感染症、炎症性疾患などの治療にも利用されており、これが市場の成長を後押ししています。さらに、次世代シーケンサー(NGS)の需要の高まり、臨床試験の数の増加、医薬品と診断技術の共同開発への注目度の高まりなどが、市場の成長に貢献しています。また、新しいバイオマーカーの導入、コンパニオン診断の承認の増加、新しいコンパニオン診断の開発に向けた企業間の連携の増加なども、市場の成長にプラスの影響を与えています。現在、コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、診断サービスプロバイダーは医療機関に検査サービスを提供しています。また、コンパニオン診断を利用して、がん治療を受けている患者に対するCOVID-19治療薬の有効性を検出しています。

主要な市場区分

世界のコンパニオン診断市場は、製品・サービス別、技術別、適応症別、エンドユーザー別に分類されています。

製品・サービス別の市場構成

・アッセイ、キット、試薬

・ソフトウェアおよびサービス

技術別の市場構成

・免疫組織化学(IHC)

・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)

・インサイチュハイブリダイゼーション(ISH)

・リアルタイムPCR (RT-PCR)

・遺伝子シークエンス

・その他

適応症別の市場構成

がん

・肺がん

・乳がん

・大腸がん

・胃がん

・メラノーマ

・その他

神経系疾患

伝染病

心血管疾患

その他

エンドユーザー別の市場構成

・製薬会社、バイオ製薬会社

・リファレンスラボラトリーズ

・契約研究機関

・その他

市場の競合状況

世界のコンパニオン診断市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Agilent Technologies、BioMerieux、Danaher Corporation、Roche Holding AG、Myriad Genetics Inc.、Siemens Healthcare、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]