暗号通貨市場、2021年から2026年の間に60.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

暗号通貨の世界市場は、2020年に3,645億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に60.8%のCAGRで成長すると予想されています。

暗号通貨とは、取引を監視し、偽造を防ぐために暗号技術で保護されたデジタルまたは仮想の通貨を指します。物理的な形態を持たず、仮想環境に接続されたコンピュータの広大なネットワーク上で配布されます。暗号通貨は、ブロックチェーン技術に基づいた分散型ネットワークを通じて運営されています。送金は公開鍵または秘密鍵で保護され、ユーザーのデジタルウォレットに直接接続されます。従来の通貨とは異なり、政府機関が発行するものではなく、政府からの干渉や操作も最小限に抑えられています。また、携帯性、分割性、耐インフレ性、透明性など、さまざまな利点があります。

市場の成長要因

産業界のデジタル化の進展は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。これに伴い、高速インターネットへのアクセスが容易になり、日常生活における高速インターネットの普及率が高まっていることも、市場の見通しを明るくしています。さらに、様々な先進国で仮想通貨の購入、販売、取引が合法化され、承認されていることも市場の成長を促しています。分散型台帳技術(ブロックチェーン)は透明性が高いため、人為的なミスや機械的なミス、データ操作による不正取引や不要な取引のリスクが最小限に抑えられます。これにより、すべての関係者が取引中の変更をリアルタイムで監視することができ、データの安全性と取引の不変性を高めることができます。さらに、スマートフォンで利用できるオンライン取引プラットフォームへのアクセスが便利になったことも、市場の成長に貢献しています。その他、業界の時価総額や市場規模の拡大、ビットコインキャッシュやビットコインライトの登場などの要因が、市場をさらに牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界の暗号通貨市場は、タイプ、コンポーネント、プロセス、アプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・リップル

・ライトコイン

・ダッシュコイン

・その他

コンポーネント別の市場構成

・ハードウェア

・ソフトウェア

プロセス別の市場構成

・マイニング

・トランザクション

アプリケーション別の市場構成

・トレーディング

・送金

・決済

・その他

市場の競合状況

世界の暗号通貨市場における主要な企業としては、Advanced Micro Devices Inc.、Alphapoint Corporation、Bitfury Holding B.V.、Coinbase Inc.、Cryptomove Inc.、Intel Corporation、Microsoft Corporation、Quantstamp Inc.、Ripple Labs Inc.、Xilinx Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]