アルミホイル包装市場、2021年から2026年の間に3.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アルミホイル包装市場は、2020年に約180億米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間に3.3%のCAGRで成長すると予想されています。

アルミホイルは、リサイクル可能で、可鍛性があり、毒性のない圧延シートで、用途に応じて様々な厚さの製品が販売されています。アルミホイルは、光、湿気、油脂、微生物、バクテリア、酸素、その他のガスに対する保護機能を備えています。冷蔵せずに生鮮品を保存できる無菌包装の製造にも広く利用されています。また、アルミホイルを使用した容器やトレイは、ペットフードや持ち帰り用スナック、RTE(Ready-to-eat)スナックなどの包装に使用されています。また、カプセル、クリーム、ローション、液体、粉末など、さまざまな剤形の医薬品の包装にも使用されています。

市場の成長要因

オンライン食品配送プラットフォームを通じた食品・飲料(F&B)製品の需要の高まりにより、アルミホイル包装の利用が増加しており、これが市場の成長を後押ししています。さらに、アルミホイルは柔軟なフィルムと組み合わせてバリア層を形成し、軽量で柔軟なパッケージを作ります。これらのパッケージは、粉ミルク、ペットフード、ツナ、コーヒー、スープ、その他多くの食品の包装に使用されています。また、化粧品の包装にも使われており、輸送・運搬時の汚染を防ぐことができます。さらに、水性ラテックスを塗布したアルミホイルや防脂紙は、バター、チーズ、マーガリンなどの乳製品の包装に使用されています。また、冷やした飲料を保存するために、アルミホイルを使用した複合容器が普及しています。さらに、病気の増加に伴う医薬品の需要の高まりや、いくつかの国でプラスチックの使用が禁止されていることも、市場の成長に貢献しています。この他にも、包装表面を介した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対する懸念の高まりから、メーカーは製品の無菌性を維持するために無菌包装を利用しており、これが市場をさらに牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界のアルミホイル包装市場は、製品、包装タイプ、ホイルタイプ、厚さ、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成

・ホイルラップ

・パウチ

・ブリスター

・容器

・その他

包装タイプ別の市場構成

・硬質包装

・軟包装

・半硬質包装

ホイルタイプ別の市場構成

・プリントあり

・プリントなし

厚さ別の市場構成

・0.007mm – 0.09mm

・0.09 mm – 0.2 mm

・0.2mm – 0.4mm

最終用途別の市場構成

・食品・飲料

・たばこ

・製薬

・化粧品

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のアルミホイル包装市場における主要な企業としては、Alcoa Corporation、Aliberico Slu、Alufoil Products Pvt. Ltd.、Amcor Plc、Carcano Antonio S.p.A.、Constantia Flexibles、Coppice Alupack Ltd. (Euro Packaging UK Ltd.)、JW Aluminum、Novelis Inc. (Euro Packaging UK Ltd.)、JW Aluminum、Novelis Inc. (Hindalco Industries)、Raviraj Foils Limited、Zhangjiagang Goldshine Aluminium Foil Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]