接地装置市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の接地装置市場は、予測期間(2021年~2026年)において約5%のCAGRで成長すると予測されています。接地装置とは、電気を直接地球のプレートに伝えるための様々な装置を指します。一般的に使用される接地装置には、低抵抗ケーブル、絶縁された操作ロッド、剪定ヘッド、クランプスティック、スペシャリストおよびアースクランプアプリケーションヘッド、操作ロッドバッグなどがあります。これらのコンポーネントは、安全性を高めるために、地球内部または土壌の中性点に配置された導電性の表面と建物を接続します。落雷や電力サージなどの大きな電気的障害から保護し、電気機器の絶縁されていない金属部分から漏れる電流による感電のリスクを最小限に抑えることができます。そのため、商業施設や住宅、工場などでよく使用されています。

市場の動向

急速な工業化と近年の建設業界の著しい成長が、市場の見通しを良くする主な要因となっています。特に発展途上国では、商業施設や住宅、道路、トンネル、工場、鉄道などの建設が増加しており、効率的な接地装置の必要性が高まっています。このことが、市場の成長を促しています。接地装置は、居住者や機械、家電製品を電気サージから保護し、短絡電流を逃がすために、建物内では不可欠です。さらに、家電製品と人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の融合など、さまざまな技術の進歩も市場成長を促進しています。これにより、テレビや冷蔵庫など、常にアースを必要とするスマートデバイスの利用が増加し、市場の見通しが明るくなっています。また、自動車メーカーの製品需要の増加や、既存の電力網の再構築などの要因も、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界の接地装置市場は、製品別、用途別、地域別に分類されています。

製品別の市場区分

・MSフラット

・CIフラット

・GIワイヤー

用途別の市場区分

・住宅用

・商業用

・工業用

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の接地装置市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、CG Power and Industrial Solutions Limited (Avantha Group)、Eaton Corporation Inc.、Emerson Electric Co.、General Electric、Harger Lightning & Grounding、Kingsmill Industries UK Ltd.、Schneider Electric SE、株式会社東芝などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]