Database as a Service市場、2021年から2026年の間に約20%のCAGRで成長見込み

市場の概要

Database as a Service市場は、2020年に128億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約20%のCAGRで成長すると予想されています。

DBaaS(Database as a Service)とは、ユーザーがオンプレミスのデータベース管理システムを利用することなく、クラウドデータベースシステムにアクセスできるクラウドコンピューティングサービスです。クラウドサービスプロバイダーは、定期的なアップグレードからバックアップまでを管理し、データベースシステムが24時間365日利用可能で安全であることを保証します。DBaaSは、柔軟な拡張性と、ログ、キー管理、アクティビティ追跡ユーティリティなどの統合管理ツールを提供し、データベースの設定、監視、維持のプロセスを簡素化します。さらに、企業のリスク管理、消費者を対象としたマーケティングへの注力、データベースのハードウェアおよびソフトウェアの設定、インストール、管理にかかるコストの削減などにも役立ちます。そのため、DBaaSは世界中の中小企業で普及しています。

市場の成長要因

スマートフォンの販売台数の増加と、モバイルアプリの需要の高まりは、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、銀行・金融・保険業界では、サービスのデジタル化が急速に進んでいるため、増大するデータを管理する必要性が高まっており、これが市場の成長につながっています。さらに、慢性疾患の増加、最新のヘルスケアサービスの普及、個人に合わせた予防医療や健康管理への関心の高まりにより、ヘルスケア業界でのDBaaSの利用が拡大しています。また、コロナウイルス(COVID-19)感染症の発生や各国政府によるロックダウンの実施により、企業は事業継続性を維持するためにリモートワークモデルやクラウドコンピューティングサービスを採用しています。これにより、遠隔地での文書のやり取りを可能にするDBaaSソリューションの需要が世界的に高まっています。

主要な市場区分

世界のDatabase as a Service市場は、タイプ別、展開タイプ別、組織規模別、エンドユーザー別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・SQL

・NoSQL

展開タイプ別の市場構成

・オンクラウド

・オンプレミス

組織規模別の市場構成

・小規模企業

・中規模企業

・大規模企業

エンドユーザー別の市場構成

・BFSI

・ヘルスケア

・政府機関

・その他

市場の競合状況

世界のDatabase as a Service市場における主要な企業としては、Amazon Web Services、CenturyLink、Google (Alphabet Inc.)、IBM、Microsoft Corporation、Oracle、Rackspace Technology Inc.、SAP SEなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]