肥料市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の肥料市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。肥料とは、農作物の成長に必要な栄養素を供給するために土壌に添加される化学物質です。市場では、有機肥料と無機肥料が最も一般的に使用されています。有機肥料は、炭素を含む農業廃棄物、家畜の糞尿、産業廃棄物、自治体の汚泥などを使って製造されます。一方、無機肥料は、さまざまな化学物質や二次的な栄養素を用いて製造されます。無機肥料は、主に土壌中に不足している特定の栄養素を供給するために使用され、持続的な食糧生産と作物の高収量に欠かせないカリウム、窒素、リンなどの栄養素を豊富に含んでいます。また、土壌の肥沃度の維持や保水力の向上にも役立ちます。

市場の動向

農業分野の著しい成長に伴い、土壌の肥沃度を高め、作物の成長を促進する必要性が高まっていることが、市場の成長を促進する主な要因の一つです。これに伴い、食品の需要と供給のギャップを埋めるために、持続可能な開発の手段として有機農法が広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、高度な農業技術の開発やバイオ肥料の利用の増加も、市場の成長を促す大きな要因となっています。これに加えて、特に発展途上国との間で作物や生産物の貿易活動が拡大していることも、市場にプラスの影響を与えています。その他の要因としては、世界的な環境意識の高まりと相まって、平坦な緑地や畑を維持するためにナノ肥料の使用を促進する有利な政府政策の実施が、市場をさらに押し上げると予想されます。今後、2021年から2026年にかけて、世界の肥料市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

世界の肥料市場は、製品タイプ、製品、製品形態、作物タイプに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・化学肥料

・バイオ肥料

製品別の市場区分

ストレート肥料

・窒素肥料

-尿素

-硝酸アンモニウムカルシウム

-硝酸アンモニウム

-硫酸アンモニウム

-無水アンモニア

-その他

・リン酸系肥料

-第一リン酸アンモニウム(MAP)

-第二リン酸アンモニウム(DAP)

-第一スーパーリン酸塩(SSP)

-第三スーパーリン酸塩(TSP)

-その他

・カリ系肥料

-カリのムリエート(MoP)

-カリの硫酸塩(SoP)

・副栄養素系肥料

-カルシウム肥料

-マグネシウム肥料

-イオウ系肥料

・微量栄養素肥料

-亜鉛

-マンガン

-銅

-鉄

-ホウ素

-モリブデン

-その他

複合肥料

製品形態別の市場区分

・乾式

・液体

作物タイプ別の市場区分

・穀物・穀類

・豆類・油糧種子

・果実・野菜

・花・観葉植物

・その他

市場の競合状況

世界の肥料市場における主要な企業としては、CF Industries、Haifa Group、Indian Farmers Fertiliser Co-operative Limited (IFFCO)、Israel Chemicals Ltd. (ICL)、Nutrien Limited、The Sociedad Química y Minera (SQM)、The Mosaic Company、Uralkali、Yara Internationalなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]