バンカー燃料市場、2026年に1,552億米ドル規模到達見込み

市場の概要

バンカー燃料市場は、2020年に1,239億米ドル規模に達しました。今後、市場は2026年に1,552億米ドル規模に達すると予想されています。

バンカー燃料は船舶用燃料としても知られており、船舶のモーターやエンジンの動力源として使用される重質な残油のことです。原油からガソリン、ディーゼル、その他の軽質炭化水素を抽出した後、製油所で分留して得られます。独特の臭いを持つ粘性のある液体で、硫黄分を多く含んでおり、さまざまなプロセスを用いて減らすことができます。また、少量の軽油のような軽い燃料を混ぜることで、濃度を薄めることができます。

市場の動向

急速なグローバル化に伴い、国際海上貿易の需要が高まり、世界中で輸出入活動が活発化しています。このことは、市場の成長を促進する大きな要因の一つです。また、深海での石油・ガス探査活動の活発化も、市場の成長を促す大きな要因となっています。さらに、船舶は他の輸送手段に比べて耐荷重が大きいため、航行中の船舶に燃料を補給するためのバンカー燃料の需要が増加しています。さらに、複数の国の政府が地理的な国境警備の強化に力を入れていることから、海軍の艦隊数が増加し、市場の成長に貢献しています。さらに、環境問題への関心の高まりを受けて、市場関係者はクリーンで環境に優しい燃料を開発するための研究開発プロジェクトに投資しています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生と、それに伴う各国政府による封鎖措置により、世界の海上貿易活動が制限されたことで、市場は悪影響を受けています。しかしながら、正常な状態に戻るにつれて市場は成長を取り戻すと予想されます。

主要な市場区分

世界のバンカー燃料市場は、燃料タイプ、船舶タイプ、販売業者に基づいて分類されています。

燃料タイプ別の市場構成

・高硫黄燃料油(HSFO)

・超低硫黄燃料油(VLSFO)

・マリンディーゼルオイル(MDO)

・液化天然ガス(LNG)

船舶タイプ別の市場構成

・コンテナ

・タンカー

・一般貨物

・バルクキャリア

・その他

販売業者別の市場構成

・主要石油会社

・大手独立系販売業者

・小規模独立系販売業者

市場の競合状況

世界のバンカー燃料市場における主要な企業としては、Bomin Bunker Holding GmbH & Co. KG(Marquard & Bahls AG)、BP Plc、Chevron Corporation、Exxon Mobil Corporation、Gazprom Neft PJSC(ガスプロム)、LUKOIL、Neste Oyj、Petroliam Nasional Berhad(PETRONAS)、Royal Dutch Shell Plc、TOTAL S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]