バイオアルコール市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオアルコール市場は、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオアルコールは、バイオマスを利用して製造される、重要な生理的特性を持つ持続可能な有機化学物質です。バイオアルコールは、揮発性、可燃性、低粘度、高エネルギー密度の毒性を有しています。市場にはいくつかのバイオアルコールがありますが、中でもバイオエタノールは、微生物や酵素と糖、デンプン、セルロースとの発酵によって製造されるため、クリーンで再生可能なエネルギー源として最も注目されています。現在、バイオアルコールは世界中で繊維製品、塗料、変色剤、接着剤、希釈剤、香水などの製造に利用されています。

市場の成長要因

バイオマスは、生分解性があり、持続可能で経済的な再生可能資源であり、様々な環境上のメリットをもたらします。このことは、環境意識の高まりと相まって、バイオ燃料の生産にバイオアルコールを利用するケースが増えていることを意味します。さらに、オーガニックや天然素材を求める傾向が強まっていることから、いくつかの主要企業が化粧品や医薬品の製造にバイオアルコールを使用しています。この他、特に発展途上国における急速な都市化、原油価格の高騰、各国政府による厳しい排ガス規制、エネルギー消費量の増加なども、市場の成長を促進する要因となっています。さらに、可処分所得の増加と自動車産業の成長がスポーツカーの販売にプラスの影響を与えており、これが市場の成長につながっています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生を受けて、各国政府や世界保健機関(WHO)などの国際機関が手指の消毒を奨励しており、その結果、手指消毒剤の需要が急増しています。これらの消毒剤にはバイオエタノールがかなりの割合で含まれており、これが市場成長の原動力となっています。

主要な市場区分

世界のバイオアルコール市場は、製品タイプ、原材料、用途に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・バイオメタノール

・バイオエタノール

・バイオブタノール

・バイオBDO

・その他

原材料別の市場構成

・穀物

・サトウキビ

・工業用ビーツ

・バイオウェイスト

・その他

用途別の市場構成

・交通機関

・建設

・医療

・発電所

・その他

市場の競合状況

バイオアルコール市場における主要な企業としては、BASF SE、Braskem (Odebrecht S.A.)、Cargill Incorporated、E.I. Du Pont De Nemours & Co.、Fulcrum BioEnergy Inc.、Genomatica Inc.、Harvest Power Inc.、Koninklijke DSM N.V.、Mascoma LLC (Lallemand Inc.)、Mitsubishi Chemical Corporation、PTT Global Chemical Public Company Limited、Valero Energy Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]