多関節ロボット市場、2021年から2026年の間に約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

多関節ロボット市場は、2020年に79億1千万米ドルの規模に達しました。2021年から2026年の間に市場は約9%のCAGRで成長すると予想されています。

多関節ロボットとは、フルレンジの動きを可能にするために回転関節で構成されたプログラム可能な機械を指します。最低でも2つの回転ジョイントを持ち、マテリアルハンドリング、溶接、ディスペンサー、組み立て、切断、ロード/アンロード、塗装など、様々な産業プロセスで一般的に使用されています。多関節ロボットは、複雑な作業を行いながら作業効率を高め、人間には危険で困難な重い製品や材料を扱うことができます。また、これらのロボットは、正確な出力を生成し、耐久性に優れ、費用対効果が高く、最小限の休息しか必要としません。このような利点から、自動車、航空宇宙、電子機器など、さまざまな産業分野で幅広く利用されています。

市場の成長要因

工場作業の自動化という新しいトレンドは、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、組立ラインでの作業効率化の必要性が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。多関節ロボットは、高い可搬質量を持ち、膨大な速度と精度で作業を処理することができます。また、世界的な電子機器製造サービス(EMS)産業の成長も、市場拡大の要因となっています。これらのロボットは、パレタイジングや溶接などの様々な機能を、優れた位置精度と再現性で実現するために幅広く利用されています。また、微細な電子部品を管理することができ、ロボットソリューションの導入にかかる時間とコストを最小限に抑えることができます。その他の要因としては、産業用ロボットの導入が進んでいること、自動車産業が大きく成長していること、壊れやすい製品を扱うためのソフトグリッパーや真空グリッパーの導入などの製品イノベーションが、市場をさらに押し上げると予測されます。

主要な市場区分

世界の多関節ロボット市場は、ペイロード、機能、タイプ、コンポーネント、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

ペイロード別の市場構成

・16キロまで

・16~60キロ

・60~225キロ

・225Kg以上

機能別の市場構成

・ハンドリング

・溶接

・ディスペンサー

・組み立て

・その他

タイプ別の市場構成

・4軸以下

・5軸

・6軸以上

コンポーネント別の市場構成

・コントローラー

・アーム

・エンドエフェクター

・ドライブ

・センサー

・その他

最終使用産業別の市場構成

・自動車

・電気・電子

・化学・ゴム・プラスチック

・金属・機械

・食品・飲料

・精密工学・光学

・医薬品・化粧品

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の多関節ロボット市場における主要な企業としては、ABB Ltd., American Robot Corporation, Aurotek Corporation, Denso Wave Incorporated, Fanuc Corporation, Kawasaki Heavy Industries Ltd., Kuka Aktiengesellschaft (Midea Group), Mitsubishi Electric Corporation, Nachi-Fujikoshi Corp., Nimak GmbH, Seiko Epson Corporation, Yaskawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]