校正サービス市場、2021年から2026年の間に7.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

校正サービス市場は、2020年に60億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.4%のCAGRで成長すると予想されています。

校正サービスとは、機械装置の偏差や不正確さを測定することです。校正プロセスでは、ある機器の読み取り値を、事前に校正された他の機器と比較します。定期的に実施することで、機器の潜在的な不具合を早期に発見し、最適なパフォーマンスを確保することで、ダウンタイムを最小限に抑え、生産量を増やすことができます。これ以外にも、サービス・プロバイダーは、オンサイト校正、迅速なターンアラウンド、校正文書の作成、ピックアップ&デリバリー、オンライン・ドキュメンテーション、社内ラボ・サービスなどを提供しています。その結果、航空宇宙、防衛、自動車、通信、電子機器など、さまざまな産業分野で幅広く利用されています。

市場の成長要因

急速な工業化に伴い、試験・計測機器への要求が高まっていることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、計測器や機械類の保護や品質維持に関する大衆の意識が高まっていることも、市場の成長を促しています。これに伴い、校正サービスは、組織が社内の機器の標準化のために、また、OEM(相手先商標製品製造会社)が製品の効率性を確保するために利用されることが多くなっています。また、第三者による校正サービスも登場しており、これも市場の成長に貢献しています。また、3Dプリント技術の向上や、組織を模倣した3Dファントムの提供など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらの改良されたサービスは、航空宇宙、防衛、電子機器、自動車、医療機器や部品の電気的、機械的、熱力学的、物理的な校正に使用されます。また、広範な研究開発(R&D)活動を含むその他の要因が、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の校正サービス市場は、サービスタイプ、校正タイプ、最終用途産業に基づいて分類されています。

サービスタイプ別の市場構成

・インハウス

・OEM

・サードパーティサービス

校正タイプ別の市場構成

・電気

・メカニカル

・熱力学

・物理的/次元的

・その他

最終用途産業別の市場構成

・電子機器製造

・通信機器

・航空宇宙・防衛

・自動車

・その他

市場の競合状況

世界の校正サービス市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Agilent Technologies Inc.、Endress+Hauser AG、Keysight Technologies Inc.、Micro Precision Calibration Inc.、Optical Test and Calibration Ltd.、Rohde & Schwarz GmbH & Co KG、Siemens Aktiengesellschaft、Simco Electronics、Sulzer AG、Tradinco Instruments、Transcat Inc.、Trescal Holdings Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]