ディープパケットインスペクションおよびプロセシング市場、2021年から2026年までCAGR約25%で成長見込み

市場の概要

世界のディープパケットインスペクションおよびプロセシング市場は、2021年から2026年の間に約25%のCAGRで成長すると予想されています。

ディープパケットインスペクション(DPI)とは、コンピュータネットワークのトラフィックを解読し、特定のデータやコードのペイロードを持つパケットが検査ポイントを通過しないようにブロックしたり、再ルーティングする技術です。これにより、エンドユーザーは、インターネットデータマイニング、通信傍受、インターネット検閲、高度なネットワーク管理およびセキュリティ運用を行うことができます。その結果、この技術は、侵入検知システム(IDS)、侵入防止システム(IPS)、高度なファイアウォールなどの特殊なサイバーセキュリティ製品において、攻撃の兆候を検知するために広く使用されています。

市場の動向

DPIは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)がネットワークアプリケーションのプロファイリングに使用するなど、電気通信や情報技術(IT)の分野で採用されています。ISPはDPIを利用して、合法的な傍受、ターゲット広告、サービス品質(QoS)、著作権の行使、ポリシーの定義、階層化されたサービスの提供を強化しています。サイバー犯罪の増加、無線ブロードバンドユーザーの増加、データ集約型アプリケーションの開発などが、市場の成長を促進する主な要因となっています。また、政府機関が機密データを扱うようになったことで、検閲のセキュリティや監視を強化するためにDPIの需要が増加しています。さらに、企業においては、ユーザーを監視したり、特定のウェブサイトへのアクセスを制限したりする用途にも使われています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の発生、それに伴う各国政府によるロックダウン措置、リモートワークモデルの採用拡大、ネットワークトラフィックの増加などにより、QoSを向上させ、ネットワークの混雑を緩和するためのディープパケットインスペクションへの需要が高まっています。

主要な市場区分

世界のディープパケットインスペクションおよびプロセシング市場は、地域、コンポーネント、製品、展開モード、ソリューション、組織規模、最終用途産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のディープパケットインスペクションおよびプロセシング市場における主要な企業としては、Bivio Networks Inc.を筆頭に、Cisco Systems Inc.、Extreme Networks、Huawei Technologies Co.Ltd.、IBM Corporation、Juniper Networks Inc.、LogRhythm Inc.、Netscout Systems Inc.、Sandvine Inc.、Viavi Solutionsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]