自動車遠隔診断市場、2026年に737億米ドル規模到達見込み

市場の概要

自動車遠隔診断市場は、2020年には583億米ドルの規模に達しました。市場は2026年には737億米ドル規模に達すると予測されています。

自動車遠隔診断とは、無線ネットワークを介して自動車のモニタリングを可能にする自動車システムのことです。診断機器は、3G、4G、またはWi-Fiベースのプラットフォームに接続され、車両の状態に関するデータを操作・記録します。これらのデータは、コンピュータ・ソフトウェアによって分析され、有用な知見が得られます。これにより、車両の性能をリアルタイムで評価し、サービス時間を最小限に抑え、さらなる故障を防ぐことができます。その結果、乗用車や商用車では、自動衝突通知、車両位置追跡、ロードサイドアシスタンス、車両健全性警告システムなどによく使われています。

市場の動向

自動車業界の著しい成長は、市場成長の主な要因の一つとなっています。さらに、OEM(相手先商標製品製造会社)が車両性能の向上と関連データの収集を重視するようになったことも、市場の成長を促しています。自動車の遠隔診断を導入することで、サービスダウンタイムを大幅に短縮し、部品の不具合を効果的に予測することができます。また、電気自動車やハイブリッド車(E/HV)の需要が増加していることも、市場の成長に貢献しています。さらに、モノのインターネット(IoT)とテレマティクスの統合など、さまざまな技術の進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらの技術により、ユーザーはコネクテッドカーのエコシステムと対話することができ、改善された快適なドライビングエクスペリエンスを提供することができます。また、高級車やスポーツカーの需要が高まっていることや、乗員の安全・安心を向上させるための研究開発活動が盛んであることなども、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界の自動車遠隔診断市場は、製品タイプ、接続性、車両タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・診断機器

・ソフトウェア

接続性別の市場構成

・3G

・4G LTE

・Wi-Fi

・ブルートゥース

車両タイプ別の市場構成

・乗用車

・商用車

アプリケーション別の市場構成

・自動衝突通知

・車両追跡

・車両ヘルスアラート

・ロードサイドアシスタンス

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車遠隔診断市場における主要な企業としては、Aptiv PLC (BorgWarner Inc.)、AVL DiTEST GmbH (List Capital & Consulting GmbH)、Continental Aktiengesellschaft、Magneti Marelli S.p.A. (KKR & Co. Inc.)、Mercedes-Benz AG (Daimler AG)、OnStar Corporation (General Motors Company)、Robert Bosch GmbH (Robert Bosch Stiftung Gmbh)、Snap-On Incorporated、Softing AG、Tech Mahindra Limited (Mahindra Group)、Vector Informatik GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]