自動ドア市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動ドア市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。市場は2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長すると予測されています。

自動ドアは、人が近づいてきたことを感知して開閉するもので、音、光、圧力、動きの変化に基づいて作動します。自動ドアは、高速、安全、安心、操作が簡単、騒音がないなどの特徴があり、省スペース、省エネルギー、衛生的な環境の提供、敷地内への容易なアクセスを可能にします。その結果、病院、空港、オフィス、スーパーマーケット、ショッピングセンター、駅など、住宅、商業施設、工業空間に広く設置されています。

市場の動向

近年では、建設業界の著しい成長が、市場成長の主な要因の一つとして浮上しています。自動ドアは、身体の不自由な方に安全で便利なドアアクセスを提供するため、広く採用されています。さらに、これらのドアは、セキュリティの強化や安全な避難を可能にし、人的労働力の必要性を最小限に抑えるために、防衛・軍事分野でも幅広く利用されています。この他にも、市場の主要企業は、ボラード、ブームバリア、ロック&シャッターシステムなどの革新的な機能を提供し、市場を拡大しています。これとは別に、コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大に伴い、自動ドアの需要が高まっています。自動ドアは、オフィスやレストランなどの公共の場にハンズフリーでアクセスでき、感染リスクを最小限に抑えるのに役立ちます。しかし、数か国の政府が課したロックダウンにより、建設業をはじめとするさまざまな産業の業務効率が低下し、市場の成長を妨げています。これらの制限が緩和されれば、市場は復活すると期待されています。

主要な市場区分

世界の自動ドア市場は、タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・スライディング式

・スイング式

・フォールディング式

・その他

アプリケーション別の市場構成

・商業用

・産業用

・住宅用

地域別の市場構成  

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動ドア市場における主要な企業としては、ASSA ABLOYグループ、Deutsch GmbH、dormakaba Holding AG、GEZE GmbH、Nabtesco Corporation、Sanwa Holdings Corporation、Stanley Black & Decker Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]