BPOビジネスアナリティクス市場、2021年から2026年の間に約25%のCAGRで成長見込み

市場の概要

BPOビジネスアナリティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約25%のCAGRで成長すると予想されています。

ビジネスアナリティクスとは、企業が潜在的な顧客を理解し、戦略的な意思決定を行い、運用コストを最適化し、ビジネスの習熟度と競争力を向上させることを可能にするデータ管理ソリューションを指します。モノのインターネット(IoT)や機械学習、人工知能(AI)などの高度な技術ソリューションがビジネスプロセスに広く採用されたことで、大量かつ複雑なデータセットを管理するためのビジネスアナリティクスの活用が進んでいます。現在、企業はアナリティクス機能をビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)企業やサードパーティサービスプロバイダーに委託しています。これは、社内スタッフの雇用にかかるコストを最小限に抑え、コアビジネスに集中することができるからです。

市場の成長要因

様々な産業分野でビジネスアナリティクスの導入が進んでいることは、世界のBPOビジネスアナリティクス市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、中小企業におけるビジネスアナリティクスの利用が増加していることや、新興企業の数が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、信頼性、拡張性、敏捷性に優れたクラウドベースのBPOサービスが普及していることも、市場の成長に貢献しています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の急激な拡大により、患者の記録やベッドの空き状況など、膨大な量の病院データを効率的に管理するために、医療業界でビジネスアナリティクスの需要が高まっています。これに加えて、複数のBPOサービスプロバイダーが、自社のサービスをオンラインで提供するためにさまざまな戦略を採用しており、これが市場の見通しを明るくしています。

主要な市場区分

世界のBPOビジネスアナリティクス市場は、オファリング、展開タイプ、アプリケーション、最終用途産業に基づいて分類されています。

オファリング別の市場構成

・ソフトウェア

・サービス

展開タイプ別の市場構成

・クラウドベース

・オンプレミス

アプリケーション別の市場構成

・財務・会計

・ヒューマンリソース

・ナレッジプロセスアウトソーシング

・調達・サプライチェーン

・顧客サービス

・その他

最終用途産業別の市場構成

・BFSI

・IT・通信

・ヘルスケア

・製造業

・小売業

・運輸・物流

・その他

市場の競合状況

世界のBPOビジネスアナリティクス市場における主要な企業としては、Accenture PLC、Capgemini SE、Cognizant Technology Solutions、Exlservice Holdings Inc、Genpact Limited、International Business Machines Corporation、Infosys Limited、Mu Sigma Inc、NTT DATA Corporation(日本電信電話株式会社)、TATA Consultancy Services Limited(Tata Sons Private Limited)、Tech Mahindra Limited(Mahindra Group)、Wipro Limited、WNS Global Servicesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]