データセンターコロケーション市場、2021年から2026年の間に14.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のデータセンターコロケーション市場は、2020年に453億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に14.3%のCAGRで成長すると予測されています。データセンターコロケーションとは、企業が既存のデータセンター内の物理的スペース、ネットワーク帯域幅、その他のコンピューティングリソースを借りることができるサービスのことです。これらのデータセンターには、ネットワークコンポーネント、電源バックアップ設備、情報プロトコル(IP)システム、冷却装置などが組み込まれており、通常、小売店や卸売店で購入することができます。コロケーションデータセンターは、従来のデータセンターと比較して、費用対効果に優れ、信頼性が高く、拡張性が高く、ユーザーの近くに設置でき、技術スタッフも最小限で済みます。そのため、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、医療、情報技術(IT)、製造、エネルギー、政府、小売など、さまざまな産業分野で幅広く利用されています。

市場の動向と推進要因

データセンターコロケーション市場の成長を促進する主な要因の一つは、産業界全体の急速なデジタル化と、ハイブリッドクラウドコンピューティングや仮想化システムの利用の増加です。データセンターコロケーション施設は、ユーザーの構内から離れた場所に設置され、災害時には遠隔操作でデータを保護することができます。さらに、効率的なデータリカバリーや事業継続のために、信頼性、拡張性、安全性の高いインフラが広く普及していることも、市場の成長を後押ししています。特に発展途上国では、中小企業の数が増加しており、ネットワークの複雑化に対応するために、モジュール型データセンターの導入が大幅に増加しています。また、電子商取引業界におけるデータストレージへの需要の高まりや、ITインフラの大幅な改善など、その他の要因も市場をさらに押し上げる要因となることが予想されます。

主要な市場区分

世界のデータセンターコロケーション市場は、地域、タイプ、組織規模、最終利用産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のデータセンターコロケーション市場における主要な企業としては、AT&T Inc.、CenturyLink Inc.、China Telecom Corporation Limited、Coresite Realty Corporation、Cyrusone Inc.、Cyxtera Technologies Inc.、Digital Realty Trust Inc.、Equinix Inc.、Global Switch Limited、Internap Corporation、KDDI Corporation、NTT Communications Corporation、日本電信電話株式会社、Verizon Enterprise Solutions Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]